SQ Life 木精占い
Img_977a443c3b12ed51394c2cd56c69bbb7
Lesson 104
わたしは、本当にわたしに属するものだけを求めます。

Lesson 105
神の平和と喜びはわたしのものです。

わたしは香咲弥須子さんが書かれたガイドブックを使って奇跡のコースを学んでいて、とても判り易いのだけれど、たまに言葉が自分にしっくり来ないことがあり、そんな時には色々な方のブログなどを読んで参考にしている。不得意だけれど意外に英語のほうが、アイディアの意味を理解できたりもするので、これから徐々に奇跡のコースの本も色々読んでみようと考えている。試しに今は、ゲイリーさんの「神の使者」を読んでいて、ワークブックだけでは判らなかったことなども知ることができた。

Lesson 105にある、この幻想の世界(私たちが現実だと思っている世界)は、与える者は贈り物をあげると失い、受け取る者は与える人が失うことにより豊かになるけれど、これは罪悪感でつくられた取引だ。という言葉に今日は驚いた。確かにわたしにもそう信じているふしがある。人にプレゼントをあげるのが楽しい反面、金額を気にしたりもしているからだ。

コースでは、神からの贈り物である平和と喜びは、わたしたちが受け取るにつれ増えていくということ。そして、与えれば増えるということが書かれているけれど、昨日は、まさに、そのような体験をしたばかりで、そこにはお互いを想う完全な愛があり、アイディアがすっと心に入ってくる。

わたしが受け取ることができるように、与えることについてのわたしの見方を完全に変えることが、大切だとコースは教えてくれている。

わたしは神の喜びと平和の贈り物を完全に受け取ります。