ヘナトリートメント

申し訳ございませんが、現在は受付をストップさせていただいています。

ヘナは、中近東などの熱帯地方に多く自生する低木(指甲花)
5000年前の古代エジプト時代からおしゃれや儀式で採食に使われてきました。
日本では主に染毛用として使用されていますが、原産国のみならず欧米を中心に、傷・やけど・打撲・咳・吹き出物などの皮膚病の予防治療として、また毛髪のトリートメント、染毛剤、マニュキア、抜け毛予防として愛用されているハーブなのです。

ヘナをお薦めする理由

私たちは生活していく上で、シャンプーやリンス、石鹸、染髪剤などに含まれる有害化学物質を皮膚から吸収しています。
これを経皮毒といいますが、この経皮毒は体外に排出されにくく体内に蓄積されてアトピー、癌などの原因となったり、肝臓、生殖機能に影響を及ぼすといわれています。

ヘナの葉に含まれる成分には、肝臓の毒素を排出し子宮の働きを整える働きがあるといわれており、インドの民間療法では体内の毒素排出、炎症抑制、新陳代謝を促す薬として使われています。

また、ヘナの葉には毛髪の主成分であるタンパク質と絡む性質があるため、髪の毛に被膜を形成しトリートメントとして、またオレンジ系に発色することで白髪を染めることができるのです。

安心安全、健康的で美しく。そんな生活を送っていただきたい。そんな願いからマカリィではヘナを使ったトリートメントと染髪をお薦めしています。

ヘナの粉・これを水で溶いてトリートメントします。

IPMヘナについて

IPMヘナ

マカリィで使っているヘナはIPM(Indigo Plant Makeup)のもの。ヘナは良質なヘナが収穫できるといわれているインドのラジャスタン地方のもの。インディゴは南インド・チェンナイで栽培されているもの、ほかにも宇宙最初の木といわれているアーマラキーなどもブレンドして使用しています。ヘナには独特の香りがあるので敬遠される方も多いのですが、IPMのヘナは比較的香りが穏やかな氣がしています。

メニュー

リタッチなら自分でできるけれど、後頭部などの染めづらい場所を3か月や半年に1度は誰かに染めてもらいたいな~なんて方は多いはず。ヘアサロンのように設備が整っているわけでもなく、おしゃれでもありませんが、「友達の家で髪の毛染めてきます!」といった雰囲気でお越しいただけたら嬉しく思います。何よりもヘナやインディゴのトリートメントを行った後に、お客様の髪の毛が精霊が宿ったように清らかで元氣に美しくなるのが私の喜びでもあります。ぜひ足をお運びいただけたら幸いです。

○レフアコース(ツータッチ)   白髪を染めたい方におすすめ
ヘナとインディゴを2回に分けて塗布 所要時間:3時間〜3時間半 
料金:*肩まで 11,000円 *肩甲骨まで 13,200円 *腰まで 15,400円

○ ピカケコース(ワンタッチ)  ヘナでトリートメントをしたい方におすすめ
ヘナのみを塗布  所要時間: 2時間ぐらい
料金:*肩まで 7,700円  *肩甲骨まで 8,800円  *腰まで 9,900円

◎両コースともに 足湯、ヘッドマッサージ付き
◎洗髪とヘアドライはご自分でやっていただきます。*補助はします。
◎料金はすべて税込
 髪の毛の量により追加料金をご相談させていただくことがあります。
◎ご希望の方には、マナカードリーディングをサービスいたします。
◎身体的理由などで身体を動かせないけれどヘナを体験してみたいという方がいらっしゃればご相談ください。出張もいたします。(交通費と出張費が発生します。)

注意

△生理中や妊娠安定期前の方はご遠慮ください。
△アレルギー体質の方や特殊な薬を服用している方はお申し出ください。
△自然なものなので確実にこの色に染められるという色はありません。
 ヘアサロンのような仕上がりを求める方には合わないと思います。
△時間に余裕をもってご予約ください。
△ トリートメント前は整髪料などをつけずにお越しください。
△ハーブ定着に24時間必要なので2~3日シャンプー剤のご使用はお控えいただくと効果が長持ちします。 また、雨などに濡れるとお洋服が汚れる可能性もあります。
△IPMヘナはネットワークビジネスではありません。