SQ Life 木精占い
Img_1b0940e9f705f68d05b8ee12847aadec
愛宕神社
Img_5af317f52e6abc92f427151539e8ade6
山火事の跡
ALOHA!!

9月は雨からスタート!すっかり涼しくなりました。

暑いのが苦手ないつもの私ならば小躍りして喜ぶところなのですが、今年は10月に出るマウイでのアウトリガーカヌーレースのためにまだまだたくさんやることがあるので、海に入れなくなるのは困るのです。
もっと練習させてくれい。だから、「なつ~Come Back!!」な気分でこれを書いております。

ま、それはさておき、9月のマナカードからのメッセージです。

今回は「MANO(マノー)」という「サメ」のカードが出現してくれました。

古代ハワイアンは「アウマクア」という先祖代々、そのお宅や自分を守ってくれている神様をもつのですが、その中で最も強力な「アウマクア」であるのが「マノー=サメ」

もっと強力なアウマクアに守ってもらえるように、亡くなった人の遺体をサメに捧げる儀式を行っていた(そうするとそれ以降はその家のアウマクアはサメになるから…)ほど、強いパワーを持つと考えられていました。

マナカードでは、この「マノー(サメ)」に「リーダーシップ・欲望」という意味が充てられています。

カードには赤い珊瑚と白い珊瑚、海藻、天の河、そして、シャークアタックというサメの繁殖期に花を咲かせるウィリウィリという花が描かれています。

マナカードは、良い悪いを占うカードではないのですが、このカードは上下に出ることで同じ問題を視点を変えて読むように促されるカードの一つでもあります。マナカードにはそんなカードが何枚か用意されています。

今回は、自分の欲望やリーダーシップを上手に発揮できるタイミングであることを告げる向きでカードが出ました。

この場合は、自分が導かれ、守られていることが確かであるという証拠…

躊躇せずに進みましょう!

自分が思ったこと、感じたこと、恐れることはありません…

実行していきましょう!

ということなので、おおむね、ことは上手く運ぶはずなのですが、

ただし、ここが人生の面白いところで…

すべて順調に行くとは限らないということは覚えておいてください。
たま~に、いっけん間違った道をいくことで、体験を通じて必要なことを学ばされる時があります。

でも、間違ったときには、ちゃんとどこかから、お知らせがあるので、それに従ってください。

そして、自分が間違ったことを恥じて縮こまるのではなく、間違った自分を受け容れる勇気を持つことで本来の自分への道に戻ります(というか、何か飛び越えてちょっと先に進んでるんじゃないかな…)ので、それを忘れずに。

最近、私はとても迷ったり考えたりすることが多いのですが、そんなどうしようもない自分を客観的に眺めて、こんな風に思いました。

「人は間違えたくないから迷うんだな~」…と。

考えすぎちゃうと先のことを想像しすぎて、身動きできなくなっちゃうんですよね。
だから、ちょっと頭のねじが一本欠けているぐらいのほうが丁度よいのかもしれませんね。

結局、人は自分の道を決めてきていますから、間違えた道を選んだとしても、必ず本来の道に戻されます。

だから、それを信じて、自分の気持ちの赴くままに恐れずに少し「あほ」ぐらいな感じで、積極的に道を選んでいってくださいね。あほあほパワーで生きましょ~!

若い頃の私は間違った道を行ったせいで、けっこうな苦労もしているし、ちょっとした犯罪に巻き込まれそうにもなりましたが、それでも、なんだかそれがユニークな自分の糧になっているような気がしているので、いずれはみんな笑い話になりますし、人に勇気を与えられます…今も変わらんか。

あ、でもね、マノーは、今月のチャレンジは無謀なものにはならないと言う風に言っていますので、安心してくださいね。

ということは、自分が今まで培ったきたものが多いに力を発揮していくということだと思います。
今まで自分が隠してきた才能にも光が充てられるタイミングですよ。

だから、9月は、自分が出来ることをどんどん人に提供し、みんながお互いに栄え輝ける月にしちゃいましょう。そして、何があっても諦めるな!自分の気持ちに正直に!

弥栄(いやさか)!!

最後まで読んでくれて、ありがとう。


*写真は先日ボランティアで行った気仙沼大島のシンボル・亀山山頂にある愛宕神社。亀山は震災のときに山火事にあい住民の方々の大変な苦労の末、鎮火したのらしいけれど、このお社だけは燃えずに残ったそうです。



MAHALO☆白龍