SQ Life 木精占い

●2013.2.2 その1

Img_8c2a4e24dd650db7a734e721b2e1f6e3
阿原田コース
Img_78e88158ea665b981ecec157ba2410c4
巣雲山頂富士山方面
Img_9f085f46d0578e2ac12872e356a89f74
巣雲山宇佐美海方面
伊豆・宇佐美にある巣雲山にハイキングに出かけてきました。
今回は遅く10時ごろに自宅を出発。宇佐美駅到着は11時半頃。
そんなゆっくりペースでも、十分に歩けるコースを見つけたことは今回大きな収穫でした。しかも、景色がとても良かった。

宇佐美駅から線路沿いを網代方面に少し戻る感じで歩き、1つ目の踏み切りを渡って山のほうに向かいます。アスファルトの道がしばらく続き、みかん畑の合間などを歩いてようやく阿原田コースの入り口に到着。

巣雲山の山頂目前か!と思われたところで宇佐美の海を見ながら昼食をとり、友達のおニューのバーナーで、強風の中みんなで風をふせぎながら、温かい飲み物を作って飲んだりして、お腹を満たして出発。

…と、しばらく歩いても、巣雲山頂きになかなかつかない…??
実は、私達コースの入り口辺りでまだノンビリしていたのですね(*^^*)
ちなみに、「阿原田コース」は宇佐美駅から山頂まで100分です。

なんやかんやで辿り着いた巣雲山の山頂も、とっても風が強い場所でしたが、360度ぐるっと周囲を観られて、とても眺めの良い場所でした。

富士山も海も伊豆の山々も…とってもキレイ!d(*^v^*)bヤッタ♪
今度は、この山頂でゆっくりお弁当を食べるぞ!

●2012.2.2 その2

Img_dea7aa6e118afdc95a45700050e70211
伊豆スカイライン
Img_85b8c4ccee73ba1b0709a5af12a0f843
生仏の墓
Img_f1906976cf158cf36b64c2db618fda20
行者の滝
山頂を出発後、山道を下ってしばらく歩くと…伊豆スカイラインにぶつかります。
なんだか、異次元から現実世界に戻った感じを味わえます。

そして、また山道へ入ろうとすると、すぐに「生仏の墓」があります。
平家の落武者の主従がこの地で捕われ、主人は殺され家来が生きたまま埋められたという伝説があるようです。この話を聞いたときに、少し怖いな〜と思い自宅からお線香をもってきてお供えして観じてみたのですが、大切に祀られているようで、全く嫌な気配はありませんでした。

ここからは苔むした岩がごろごろあり、昼なお暗き木々が鬱蒼としげった山道が続きます。土壌も阿原田コースとちょっと違う雰囲気?しばらく歩くと、少し高い場所に「行者の滝」の水の流れ…水量は少なかったです。

●2013.2.2 その3

Img_259a3519d9238e10156537e0ae90992a
涼しげな竹林
Img_13a710ddd70f66714cac72f5067baf9b
微妙な間隔の道祖神
Img_c0909505fc5bab448663d242049f8a2f
かわいらしい水仙の花
この巣雲山のハイキングコースは、しっかりと整備されているので、しっかりと自然を満喫しつつ、とても歩きやすいコースとなっているし、それほど高くないわりに「よく歩いた!」と感じることが出来るので、初心者にはうってつけ。

山頂から宇佐美駅までの「峰コース」は95分。
今日はハイキングコースとしては195分歩きました。
コースの最初と最後はアスファルトの道も多いですね。

実は山頂には車でも行けちゃうんだけどね…。

途中、竹林やかわいらしい道祖神、水仙や梅の花、そして、みかんがたくさんあり、 散歩中のわんこ達や畑仕事をしていたおじさんとお話なんかもしたりして、和みました。