SQ Life 木精占い

●2013.3.3 その1

Img_ac667251d837748680fe388306708717
ハイキングコース入口
Img_928e750bc179067fbd902d813b02cba2
神武寺表参道
Img_b3ba257ab1a26e141e27523d238e6a81
神武寺薬師堂山門へ
先月、葉山にカヌーを乗りに行くとき、逗子のバス停で仲間と待ち合わせをしていたら、逗子の街案内の方に呼び止められ、逗子のハイキングコースの地図をもらった。

先週、大磯の鷹取山に登ってきたのだが、この地図を見てみると、逗子にも鷹取山があるらしい。ということで、今度は逗子の鷹取山に登ってみることにした。


東逗子駅すぐ脇の踏み切りを渡って住宅街の道を登っていくと、神武寺の参道の入り口が大きく現れるので、そこを入っていきます。


この表参道はきれいに整備されているので、とても登りやすい。
ただ、路面は石なので、雨天や雪が降った後などは滑り易いかも。
黄色い水仙の花が咲いていたり、地蔵さんが居たり、住宅街から少し入っただけなのに、すぐに生活の場から切り離される感じ。



神武寺へは、すぐに着いてしまった。
「晩鐘の鐘」や境内にいるお地蔵さん達をじっくり観てまわる。
自然と人が作ったお地蔵さんがしっくりと馴染んでいるのが面白い場所だと感じる。

参道では誰にも会わなかったのだけれど、神武寺ではたくさんの人に出会った。
神武寺駅からの裏参道や鷹取山方面から来た人のほうが多いみたい。

●2013.3.3 その2

Img_cae114cd6576de0821b72a0f5236cde8
なんじゃもんじゃの木
Img_b354f0e14faa64515f9e54b902262646
海が見えた
Img_ac82fe5f251d565f040b5b4dc0be648d
石がゴロゴロ
この木は、神武寺境内にある「なんじゃもんじゃの木」

この木は、西日本には自生しているそうなんですが、関東では珍しいようで、何の木か判らないので「なんじゃもんじゃ」と呼んだらしい。
本当は、この木はホルトノキという種類の木で、樹齢は約400年、樹高は20メートルだそうですよ。


神武寺の境内を堪能したあとは、薬師堂の左脇から続いている鷹取山へのハイキングコースを登っていきます。意外にも野性味溢れるハイキングコースなのにビックリしました。


本来のコースを少し外れて、ところどころ大きな岩の上に登れるようになってますが、そこの一つで海を見下ろしながら、お昼ごはんを食べました。
東京湾かと思ってたけど、実は相模湾だった。


そして、歩きだすのですが、この山は、大きな岩がゴロッゴロッして、巨石が大好きな私にはたまらん場所でした。このように、ようやく人一人が通り抜けれるような場所もあります。

●2013.3.3 その3

Img_47dc0b827218d52514e081e7dff4cede
鷹取山ハイキングコース鎖場
Img_9eaa8a3521421a626504e2a40b0f6309
鷹取山 展望台
Img_19c79e04a2fb537480f28cb252ff2746
鷹取山 麿崖仏
どんどん登っていくと、上からワーワーと大きな声が聞こえてきたのですが、見上げてみたら、そこは鎖場。
反対側からコースを来た子供たちが怖くて声をあげていたようです。
鎖につかまらずに歩ける場所もありますが、確かに狭くて、少し怖い場所でした。でも、ちょっとこういうのがあると、気持ちがあがります…楽しかった。


そして、山頂の展望台に着いてびっくり。 山道ではほとんど人に会わなかったのに人がたくさんいます。

そして、その景観にもビックリ。古代の遺跡のような雰囲気。

この山は元々石切り場だったようで、側面がまっすぐ切られ、きりたった採石跡が多く残されているのです。だから、遺跡のような感じだったのですね。

そして、そのような岩壁があるので、ここはロッククライマー達の練習場になっているようです。今日もスパイダーマンのように、たくさん壁にはりついて練習に励んでいました。岩にはハーケンの跡がたくさん(原則的には禁止になってるみたいなんですけどね…)

そして、ハイキングコースを更に進むと「麿崖仏」
私の大好きな「弥勒菩薩」だそうです。 
とても、穏やかな顔をしていました。

麿崖仏を観終わるとすぐにハイキングコースは終わり。あとは、住宅街を抜けて追浜駅までアスファルトの道を歩きました。

東逗子駅から追浜駅まで、ゆっくり歩き、お弁当を食べて、ちょうど2時間。
また、ひとつお気に入りのお散歩コースが見つかりました。