新月とマナカード2023年1月22日~2月19日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

寒い日がつづいていますが、皆さん風邪など大丈夫でしょうか?
私は箱根駅伝の応援に行った翌日から風邪をひいてしまいました。ただ、この時期はとても忙しいため、仕事を休むこともできず、仕事以外の時間はずっとベッドで寝ている日々。2週間ほどなんとなく重だるい感じで過ごしていましたが、18日までの水星逆行期間を超えてからは、なんとなく私自身のエネルギーも軽くなってきたようで、それからは体力回復のために、海までの散歩をする毎日となっています。

身体が弱っていると、自信ややる気も下がってしまうようで、「自分はいったい何のために生きているのだろうか?」なんてことをずっと考えたりもしていました。でも、これはこれまでもずっと私の中で答えが出ない問題ではあるので、今に始まったことではないのですが、身体が回復するにつれ、「とりあえず、今やれることを楽しんで着実にやっていこう」という結論に至った次第です。年明け早々に毒だしをさせてもらったのでしょうね。

では、マナカードからのメッセージです。

HI’IAKA(ヒイアカ)/女神ヒイアカ・献身

今回メッセージを送ってくれているのは女神ヒイアカ。ヒイアカは火の女神ペレの妹です。このカードのテーマは献身。

ヒイアカは姉であるペレの頼みを聞いて、カウアイ島に住む、ペレの恋人ロヒアウを迎えに行きます。道中にはたくさんの魔物との闘いがあったり、天候が悪かったりで、ヒイアカが到着する頃にはロヒアウは死んでいるのですが、ヒイアカはそのロヒアウを蘇生させてペレのもとへと連れていきます。この間、2人はお互いに惹かれ合っていくのですが、ペレへの忠誠心をつらぬくのですね。しかし、約束の期限(40日間)から大幅に遅れてしまったことなどからペレはヒイアカとロヒアウの仲を疑い、ヒイアカの友達を殺してしまいます。それに怒ったヒイアカがペレへの忠誠心を捨て、変わりにロヒアウへの愛をあらわにして、怒り狂うペレを振り切ってカウアイ島へ2人で戻り幸せに暮らした。(所説あり)という伝説は、とても有名です。

ペレは疑いをもつことで、自分が恐れていた状況を招いてしまったということです。ヒイアカを信じて、希望を抱いて待っていれば、無事にロヒアウとも結ばれていたはずです。

自分の望むポジティブな結果に気持ちを向けることが大切なのだと、この伝説は教えてくれています。そうすれば、自分の望む結果が現実になるチャンスが増えるからです。

あなたが何を望み、自分には何がふさわしいのかを、よく探りましょう。そして、その答えが判ったなら、あなたの希望、関わる人々、自分の氣持ちを心から信じましょう。自分がチカラを傾けるものが判ったなら、全身全霊で向かってください。集中してください。そうすれば、必ずうまくいきます。

実は、ヒイアカは何人もいて、このヒイアカは「ヒイアカ・イ・カ・ポリ・オ・ペレ(ペレの胸に抱かれたヒイアカ)」というペレの一番のお気に入りの妹でした。一番のお気に入りということは、一番手強い相手だということをペレは知っていたのかもしれませんね。どこかで、そんな彼女を恐れていたペレの心の奥底の想いが、表に現れた結果だったのかもしれません。

一度ご自分の氣持ちの中を整理してみるのも良いタイミング。春に向けて身軽になっておきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝くことでしょう。

The song of my spirit is blessed by the winds.
私のスピリットの歌を祝福してくれるものは風。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・1月22日の言葉)