新月とマナカード2024年2月10日~3月9日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

雪も降り、ようやく冬らしいキーンと冷え切った空気を感じるこの頃。
立春が過ぎ、新月の今日、私としてはようやく新年が明けた気分となっています。

冬の澄み切った空気の清々しさにつられて始めた毎朝のウォーキングも気付けば早1年。
義務感で始めたわけではなく、気持ち良さから始まっているので毎朝起きるのも苦にならずに続けられるのだろうな~と実感しています。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

PAPA&WAKEA(パパ&ワーケア)・地母と天父/苦闘・全体

出てきてくれたのは「パパ&ワーケア」、地母(=パパ)と天父(=ワーケア)のカードでテーマは「苦闘・全体」です。

このカードには、ハワイ諸島が描かれていますが、このパパとワーケアはハワイの国生みの神様で、日本でいうところのイザナギノミコトとイザナミノミコトのような存在です。

国生みということは、性質が違うものが交わって新しいものを生み出すということ。
新しいものが産み出される時には葛藤(苦闘)も生じます。産みの苦しみというやつです。

この葛藤は何故、起きるのでしょうか?

葛藤とは自分の心の内側が争っている状態。その根っこは、何かを基準にして善悪を決めてしまっている自分の内側の「二極化」の心。コレは正しいけれど、アレは正しくないと思って、自分とは異なるものを排除しようとする心があるため葛藤が生じるのです。

では、この葛藤をなくすためにはどうしたらよいのか?

それは自分をよく見つめることです。
人はとかく自分の欠点を排除しようとしますが、本来、長所は短所でもあり、短所は長所でもあります。自分の長所と短所をすべて「認める」。自分を責めるのを止める。価値観や常識にとらわれずに自分自身を受け容れるということをしてみましょう。自分に寛容になれれば、他人のことも許容できます。

そして、もう一つ。

私たちはある一部分を見ただけで、そのもの全体を理解していると思い込んでしまう傾向にあります。ほとんどの人が目の前に起きている小さな出来事にとらわれてしまい、全体を見逃しがちです。それゆえに苦しくなってしまう。

でも、物事というのは見る側によって大きく変わり、真実は1つではありません。

起きていることを評価せずに、まずは良く見ること。
誰かや何かと比較してしまったり、レッテルを貼ってしまうと物事を正しく見ることはできませんので、大きな視点で物事を捉える努力をしてみると良いでしょう。

この新月のタイミングは葛藤も生じやすいですが、新しいものが産み出される生産性の高い時期にもなり得るので、是非、自分と向き合う時間を作って、全体的に物事を捉えてみることをしてみてください。既にあなたの内側で発芽されている何かがひょっこり顔を出すかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

Ask the Gods before taking from the land; ask not to take from Pele,for what is hers belongs to no other.
まずは神々に許可を求めよ、大地からなにものかを取り上げる前に。火の女神ペレものは許可を求めるまでもない。なぜならペレのものはペレだけのもの。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より2月10日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2024年1月11日~2月9日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

新年があけて、ようやく冬らしい寒さになってきたように感じます。 とはいえ、やはり例年よりは暖かいのかもしれません。私自身の体力があがったのかもしれないのですが、あまり寒さを感じる日も少なく、まだエアコンやストーブなどの暖房器具を使わずに済んでいます。

こんなに暖かくて地球は大丈夫なのかな、、と、とても気になります。

春から夏にかけては朝のウォーキングで浜辺に行くとゴミが散乱していて、それを拾うのが日課となって、ゴミを抱えて自宅に戻っていましたが、秋に入り冬になると浜辺のゴミは驚くほどにありません。そうなると、結局は地球をキレイにするには人間が地球から居なくなるほうが良いのかもな~と考えたりもしますが、地球にも喜ばれながら人間が住まわせていただける、そんな場所にするにはどうしたら良いのでしょうね。石鹸、洗剤などに気を配ったりはしていますが限度がありますから、何か良い方法はないのかしら。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

MANO(マノー)・サメ/リーダーシップ

出てきてくれたのは「マノー」、サメのカードでテーマは「欲望・リーダーシップ」です。

このカードはマナカードの5枚ある上下カードの中の1枚なのですが、赤いサンゴが上に出ている場合は、失敗を恐れずに強さと勇気をもって進むということが示唆されています。

私は現在、派遣社員としてある大企業で働いているのですが、このカードをひいたときに、年頭の挨拶で社長が「自分が良いと思ったら失敗を恐れずに進む。」ということをモットーにされているとお話されていたのを思い出しました。大企業のリーダーとなる人は、強さと勇気をもって誠実に働いていらっしゃるものなのだな~ということにあらためて感動をしました。社長の交代があり、前の社長はとても重厚感がある方だったのですが、現在の社長に変わられてからは会社の雰囲気が明るく柔らかい雰囲気に変わっていき、トップのエネルギーが会社自体の雰囲気を変えるという興味深い現象を見させていただきました。

ご自分の人生のリーダーはご自分自身ですので、自分の人生をより良きものにしたいのであれば、自分のエネルギーを高めていくことがとても大切です。
エネルギーを高めるためにはまずは自分自身の要望に耳を傾け、自分自身に優しくなること、そして正直になることが大切です。

もし、あなたがこの世から去るときに、自分の人生は失敗だったと感じたくないのであれば、今ここの失敗を恐れないでください。

あなたの人生は、家族や知り合い、同僚や仲間のためのものではなく、あなたのためのものです。あなたのリーダーはご自分自身なのだということ、いま一度ご自分を見つめ直す時期に来ているようです。

あなたの人生はあなたのもの、、という言葉とは矛盾するかもしれませんが、一度自分を壊してみるのも良いかもしれません。

例えば、自分の着たい服なのではなく、お店に行って自分に似合うものを店員さんに勧めてもらうとか、まるで興味がないけれど友達のお薦めの本を読んでみるとか、そういったことで新たな自分を発見したり、やっぱり自分はこれだ!ということをあらためて感じられるかもしれませんね。自分の可能性を探るこのタイミング、このカードに描かれているマノーのように自由に泳ぎまわってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

The gift of knowledge is never diminished.
知の贈り物はけっして失われない。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より1月11日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年12月13日~2024年1月10日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

12月に入りましたが、なんだか暖かく感じる日々ですね。朝の散歩もまだまだ寒くて起きるのがつらい~という現象とはならず、朝のキレイな空気が吸いたくて早起きができる生活が続いています。

在宅ワークが中心になってから身体をめっきり動かさなくなったため、これではどんどん身体がなまってしまうと思い、始めたウォーキングと筋トレ。飽きっぽい私のわりには着々と続けてきた結果、特にダイエットを目的にしていたわけではないので食事制限などもせずにいたのですが、自然と体重が落ちてきて、身体がすこしずつ楽になってきたりもしています。
「継続はチカラなり」を実感する今日この頃です。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

LAMAKU(ラマクー)・松明/ 勝利

出てきてくれたのは「ラマクー」、松明のカードでテーマは「勝利」です。

「ついに来た!」って、言葉がこのカードを観た途端に湧きあがりました。
自分の胸に秘めた物事が明らかにされていくときなのだそうです。
今まで、自分の中であきらめてきたこと、先延ばしにしてきたこと、そんなことを実行していくときなのだそう。

ところで、この先延ばしということ。私もかなり先延ばしにしていることがたくさんあるのですが、人は何故物事を先延ばしにしてしまうのか???って考えたことありますか??

これって、大体の人が「明日も自分は生きている!」と思い込んでいるから先延ばしにしたり、ペース配分をしてしまっているのだそうです。

でも、この世にいるどんな人も明日の運命なんて本当は判らないわけですよね。

だから、やっぱりこの瞬間瞬間をやりきる!生ききる!先延ばしにしない!それが大切だということらしいです。

かといって、何か特別なことをするということでもなく、何もしていなくても息はしていますので、その息に集中することで自分は全力で生きているのだということを呼吸を通して感じ、潜在意識に刻み込ませることができるようです。そうすると先延ばしにするクセというのが薄れていくようですよ。瞑想の効果ってこんなところなのかもな~とこの話を聞いて私は感じました。

呼吸に集中するということは、瞑想でも、歩いていても、筋トレしていてもできることなので、とても手軽で効果的な方法だな~と思いましたよ。呼吸って本当に大切。
イライラしてると呼吸が浅くなるし、しっかり自分の内側に居ると呼吸は深くなります。

呼吸ってハワイの文化にも通じていて
ALOHAの「ALO」は「~の前に」と言う意味。
「HA」は「息」や「命、魂」を現わしています。
ハワイの人が「ALOHA」と挨拶をする時には「あなたの魂を感じていますよ。」というとても強いマナ(パワー)が秘められているのです。

ということで、この新月の期間はいつも以上にご自分や向き合う人達の「息」=「命」に敬意をもって過ごすことが大切なようです。それが、あなたを「勝利」へと導くようです。
水星逆行の期間にも入っているようなのですが、コミュニケーションがうまくいかないときでも慌てず深く呼吸をして、対処すれば心配ないですし、昔の友人から連絡が入ったりする時期でもあるので楽しい期間を過ごしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

Enjoy your dreams,for they come from a very special part of you.
夢をおおいに楽しまれよ。それはあなたのなかにある非常に特別なところからわざわざやって来るのだから。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より12月13日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年9月15日~10月14日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

9月も半ばとなりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。
朝晩はだいぶ涼しくはなりましたが、相変わらず朝の散歩を終えたあとは汗だくの日々を過ごしています。季節の変わり目はとかく体調を崩しやすいようなので、お気をつけください。

私はもともと音楽関連の仕事をしていましたが、最近あらためて音楽のチカラを感じています。YouTubeなどでMVを観るのも楽しいのですが、音だけを聴いて、楽器やヴォーカル、息遣いなど、そこから伝わってくるエナジーの心地よさにはまっています。少し涼しくなった夜の空気の中でベランダに出て音楽を聴くのがとても心地よくて、町の景色を観ながら、小さな幸せを感じられることに感謝の日々なのです。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

NAUPAKA(ナウパカ)・ナウパカの花 / 別離

出てきてくれたのは、「ナウパカ」の花のカード。テーマは「別離」です。
このカードが出てきた時は、的確に「別れ」の時であることを示しています。

人それぞれ違いはあると思いますが、何かから離れるタイミングが来ていることを感じている人が多くいるのではないでしょうか。

それは、人とのお別れでもあるし、
自分の内側に居る自分の一部とのお別れなのかもしれません。
今まで大切にしてきたものを手放すことになるとか、
自分がこだわってきたものや習慣から離れる人も居られることでしょう。

手放すことや離れることに罪悪感を抱く人も居るかもしれませんし、寂しさなどの感情を味わう人も居るかもしれませんが、それも一時のこと。
手放したあとはスッキリと、どこか安心感や希望を味わっている自分に気が付くはずです。
そして、手放すことも、そのものに対する自分の愛なのだということにも気が付くでしょう。

手放すことを恐れない。

この新月の期間は余計なものをそぎ落とすことに集中すると良い時期なのでしょう。
今のあなたに必要のないものはなんですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラと輝きますようにお祈りしています。

See the dance of the rain upon the leaves; hear the laughter of the waves upon the shore.
葉のうえで踊る雨を見て、岸辺に波の笑い声を聞け。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・9月15日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年8月16日~9月14日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

山火事が発端で大変なことになっているハワイ。
マウイ島は私もカヌーの合宿&レースで訪れた想い出の場所です。たくさんの命をはじめ失われたものはとても大きく悲しい気持ちです。マウイ島で出逢った人達は無事なのだろうか?
今はただ祈るばかりですが、日本円で義援金が送れるよう準備も進めているようなので、私も1日も早い復興のため支援をしようと考えています。

「ハワイ州観光局」⇒ https://www.allhawaii.jp/htjnews/5743/


そんな中、ハワイが気になりつつもお盆に先駆けて夏休みをとってきました。
ほんとは、伊豆七島の御蔵島へドルフィンスイムに出かける予定でしたが台風予報で東海汽船が欠航するだろうとの島の方の予想を受け、素早く事前に予定を変更して岡山・津山にあるサムハラ神社の奥宮・元宮から愛媛・大三島にある大山祇神社と廃墟のようになってしまった阿奈波神社。松山ではフォレストアドベンチャーに行って、下灘駅を訪れ、内子町を散策、宇和島で鯛めしを食べたり、和霊神社に行ったり、船でしか行けない由良神社とその界隈の海でシュノーケリング、四万十川の源流・滑床渓谷でキャニオニング・・・と、子供のころの夏休みのようなアクティブでかなり充実した時間を過ごしてきました。最後には虹も出て、地球で生きる醍醐味をたくさん味わう旅でした。一緒に行って、ずっと車を運転してくれたパワフルなN子姉さんに大感謝です。

では、この新月の期間のマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

MANO(マノー)・サメ/リーダーシップ

出てきてくれたのは「マノー」=「サメ」のカードです。テーマはリーダーシップ。
このカードはマナカードで5枚ある上下カードのうちの1枚になるのですが、赤が上というパターンで出てきているので「恐れずにリーダーシップをとりなさい!」と言う意味になります。

そういえば、宇和島のシュノーケリングの帰りに鮫が住処にしている場所があるということで、ガイドさんが船で鮫を観に連れていってくれました。あれもここに繋がる何かのアクションだったのかもしれませんね。一瞬だけ姿を見せてくれた鮫は優雅に尾ひれを動かして、太陽の光をうけ美しく輝いて見えました。

このカードの中でも、鮫は誰にも邪魔されずに悠々と泳いでいます。自分を動かすものも、自分を邪魔するものもすべては自分。自分のリーダーは自分だけです。自分にウソをつかず、誠実に勇気と情熱をもって進むべき時がやってきたようです。失敗や間違えることを恐れてはいけません。失敗や間違えを認める勇気があれば、それは成功への種へと変化します。あなたは導かれ、守られています。あなたの才能と技術を活かして動き出す時、それが今のようです。

鮫はハワイのアウマクア(祖先の神様)の中では、最も強い神様です。古代ハワイアンは、自分たちのアウマクアが鮫になるよう遺体を鮫に捧げる儀式を行っていました。それだけ強い守り神である鮫があなたを応援している、この新月の期間です。今まで自分がやりたかったこと、勇気が出せなかったことに少しでも着手出来たらよいですよね。きっと、抑えられない衝動のようなものが湧きあがって動き出す人も居るのかもしれません。Good Luck!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラと輝きますようにお祈りしています。

The gecko sings inside my home, blessing it.
ヤモリが祝福の歌唄う家のなか。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・8月16日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年6月18日~7月17日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

湿度が高く、少し動くと汗ばむ季節になってまいりました。湿気の多い時期は、少しだけ身体の不調な部分が痛んだり、だるさを感じたりもするようですがいかがお過ごしでしょうか?

色鮮やかなアジサイやクチナシの香に癒される日々を送っている、今日この頃の私です。

前の新月の時期は人間関係を象徴するカードが出てくれたおかげで、初めてお会いする方や久しぶりに会う仲間達と楽しい時間を過ごせました。

そんな中、長野県にある皆神山という世界最大で最古のピラミッドと言われている場所にも行き、クリスタルボウルを奏でたり、エネルギーを感じたりして、過ごしてきました。そこであらためて感じたのは、パワースポットと言われる場所には自然の氣が満ち溢れていて、そこに波動をあわせることで自分の素の姿に還らされることが起きるな~ということ。自分も自然の一部なのだと実感できるということ。本来与えられた命を丁寧に生き抜くという考えに立ちかえるということ。。。でした。

30年前から神社仏閣やパワースポットを周っていますが、私にとって、そのような場所に行く目的は願いをかなえるためでもなく、先祖や地球、その場所の精霊たちに感謝を伝えるため。あらためて、それを認識した旅にもなりました。
久々の運転も楽しかったな~。長野は実生活的には何のご縁もない場所なのですが、この10年ぐらいで自分の意に反して何度も行かされることが多く、また一つ行きたい場所も出てきてしまったので、何か魂的な繋がりがある場所なのかもしれません。

では、このふたご座の新月の期間について、マナカードに聞いてみましょう。

HUNA(フナ)/隠された・秘密

HUNA(フナ)のカードが出てきてくれました。
ハワイ語で「隠された」という意味を持つHUNAと言う言葉。このカードのテーマは「秘密」ということになります。

この期間、隠れていたあなたの才能が開花する兆しを感じました。

*ご自分も周りに居る方も気付いていないご自身の能力が目覚める。
*自分自身では自覚がなくても、周りからは認められていた能力に自分で気が付く。
*自分自身で既にやっていることで、「とても楽しくて、この能力を用いて世の中のためにできることはないかと考え始めている。」ということが、広がりを見せていく。

こういったことが起こり得るタイミングとなります。
自分の能力に気が付いて、今まで、他人のサポートをしてきた人がメキメキと頭角をあらわして表舞台に出ていくタイミングでもあります。

ご自分の動きに自分自身で制限をかけてきた人も、肩の力が抜けて、気軽に新しい世界に飛び込んでいけるタイミングでもあります。今でも充分幸せだと感じている方も多いかもしれませんが、慣れ親しんだ場所から少しだけ歩みを進めてステージアップするときがきているようです。

また、表の顔、普段見せない裏の顔、両方含めてご自分の魅力が受け入れられ、愛されるタイミングでもあります。飾らない姿で交流を楽しんでみてくださいね。

あとは、秘密にしていたことが明かされる時期でもありますので、色々なことが白日のもとに晒されます。そういった時には、情報を鵜呑みにせずに冷静に判断し、向き合う心構えも必要かもしれませんね。あなたの信念がご自分の世界を作っていますから、そこからブレないようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

All great schemes were born of dreams.
偉大なる計画はことごとく夢の産物。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・6月18日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年5月20日~6月17日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

歩いたり、運動すると少し汗ばむような季節となりました。薔薇の花たちも咲き誇っていて、とても美しい季節ですね。

4月に入ってから勤めている会社のDX化が始まり、誰もが今までのやり方から新しいやり方へ強制的に移行せざるを得ない状況になり、多くの人が判らない状況、互いに情報を出し合ったり、助け合ったりする環境の中で、自分の仕事をちゃんと理解してくれている人、まったく理解せずに要件だけを押し付けていた人、良い人だと思っていた人が上辺だけだったり、逆に我関せずだと思っていた人がとても親身になってくれたり、色々なことがハッキリと視覚化できて、変化やトラブルというものは、なんだかとても興味深く・面白い現象なのだな~とあらためて感じることができています。

そして、先の新月の期間は何やら色々な年代に渡って親しかった友人達と出かけることが多く、過去からの自分を振り返る時間が多く訪れた月となりました。長くこだわっていたことからも解放されて、今は「そのうち何とかなるさ!」という楽観的観測から今を楽しむように心がけています。

では、この期間のマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

POHAKU(ポーハク)/石・関係

「POHAKU(ポーハク)/石」のカードが出てきてくれました。テーマは「関係」です。

ハワイでは、石は、神、大地、人間関係を象徴します。

このカードが出てきたときに「幸運は人が運ぶ」というメッセージが降りてきました。

これは、一方通行のことではなく、
「誰かが私のもとに幸運を運んでくるし、私自身も誰かに幸運を運んでいる。」ということなのだな、

この新月の期間は「人と会う。」これが大切なのだな、、、と観じました。

自分が幸せになるために、、、ではなく、会いに行く相手とどんな風に楽しい時間を過ごそうか?そんな心がけで人と会うこと、これをやってみてください。目には見えなくても、2人の関係性や自分の内側、お相手の心の中、様々な場所に何か新しいものがそっと産み出されるような、そんな時間を過ごせるようです。

また、大地を感じられる場所に行ってリフレッシュすることもおすすめです。山登りや浜辺を裸足で歩いたり、園芸で土を触るのも良いでしょう。芝生に寝っ転がって昼寝なんかも気持ち良さそうですね。雨が多い季節でもありますが、その分、雨が降ると土の香りを強く感じたりもするので、その時の気分で大地を楽しんで味わってみてください。

また、新しい靴を買ってみるのも良いかも、、、というのが、ふっと浮かんできました。
お気に入りの靴で素敵な誰かに会いに行ってみてください。
靴はアイデンティティの象徴。また一つ新しい大好きな自分を発見できます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

The islands rise up from the ocean floor to greet the sky!
島は空を出迎えるべく海洋底から立ちあがる!
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・5月20日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年4月20日~5月19日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

相変わらず朝の散歩を続けています。この季節は、たくさんの種類の花が咲き誇っていて、その姿にとても癒される毎日です。最近は、自分が処理できる範囲で砂浜に落ちているプラスチックごみやペットボトルなどを拾うようにしています。たまにビーチグラスが落ちていたりして、朝散歩で仲良くなったビーチグラスを集めている近所の方に差し上げたり、ご夫婦で散歩されている方々とあいさつを交わすようにもなりました。
朝のこの時間はとても気持ちが良いものでもあるのですが、もうマスクをしなくても良いはずなのに、マスクをせずに歩いている私にサムズダウンをしてくる人に出くわしたり、海岸線をすごい勢いで信号無視して走ってきた車に危うくはねられそうになったりと、たまにそんな一見不運な出来事に遭遇したりもします。世の中色々な人が居るな~と怒る気にもなりませんが、こういう出来事って自分の氣分が落ちていたり、何か心配事や不安を抱えている時に起きる気がしていて、きっと大いなる何かが「ご機嫌さんに戻りなさい!」と伝えてきてくれているのかな~なんて感じています。

では、この期間のマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

HULU(フル)/羽・イリュージョン

「HULU(フル)/羽」のカードが出てきてくれました。テーマはイリュージョン。

あ~なんか、今にピッタリのメッセージが出てきてくれたなぁと感じました。
何かを思い切って始めるタイミング。

あまり深く考えずに軽やかに動き出す。それでいてその最初の一歩は力強く!

そういった言葉が浮かびました。

カードの右上に描かれているハワイ固有種のコアの木には、まだ巣の中で眠っているエレパイオ鳥が居ます。そう、エレパイオ鳥はまだ眠っていて、自分の可能性に気づいていません。
あなたが動き出すとき、まだあなたにはそれが何に繋がるのかは判っていないのかもしれません。それでも、動くことが大切なのだとこのカードが伝えてくれています。

例えば、あなたの願いがなんでも叶えられる奇跡が起きたとしたら、、、
あなたはどんな自分になっているでしょうか?
奇跡が起こった、ご自分が住んでいる家、部屋の中の様子、パートナーシップや人間関係、どんな仕事をしていますか?どんな遊びをしていますか?どんな感情ですか?嬉しいですか?楽しいですか?

まさかそんなことあり得ないよ!ってなことでもOKです。
しばらく、奇跡が起きた未来の自分を具体的にイメージしてみましょう。

そして、そのイメージを感じきったら、その感じたイメージの中で、今の自分が無理なくできることをやってみてください。 奇跡が起きた時空を今の自分に取り入れるのです。

例えば、今はふんわり優しい感じのファッションをしているけれども、感じたイメージの中の自分は出来る女といった雰囲気だったら、思い切ってそんな風にファッションを変えてみるとか、口紅の色を変えてみるというだけでも良いかもしれません。

小さな小さな、大きな一歩。それがカードの奥に見える山の頂上へと続く道の始まりになるようです。思いがけない素晴らしいことが起きる、そんな道の始まりです。 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

Cherish the fragile beauty of nature – it is ours to borrow, not to keep.
大切にすべきは壊れやすい自然の美、自分のものにするのではなく、われらはそれを借り受けて。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・4月20日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年3月22日~4月19日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

花粉、すごく飛んでません?例年よりもその威力に完全にノックアウトされている今日この頃。でも、そんな中でも1月から始めた毎朝のウォーキングはしっかりと続けていて、今は木蓮の花が空高く咲き誇るのを愛でながら楽しく歩いています。もうすぐ桜の時期に入るので、それも楽しみ。最近は、自分の一瞬一瞬の心の動きにより注意深く居ることに努めているので、朝の散歩でセロトニンを分泌させることで、身体ではなく精神的にもご機嫌で居られる瞬間が増えたように感じます。

それでは、マナカードからのメッセージです。

POHAKU(ポハク)/石・関係

今月は「POHAKU(ポハク)/石」のカードが出てきてくれました。
テーマは関係。

このカードの真ん中に描かれているのはモロカイ島に実際にある「カウレオナナホア」。女性がお供え物をして、一晩この場所で過ごすと子宝に恵まれると伝えられている神聖な石です。

この石にはこんな言い伝えがあります。ナナホアという半神が若い女性に恋心を抱いたことに嫉妬したナナホアの妻が、その若い女性に飛びかかり髪の毛を引っ張ったことにナナホアが怒り、妻を崖から突き落とすと妻はそのまま石になってしまいました。そして、ナナホアも自身の身体の一部(男性のあの部分ですね)の形の石になってしまった。

私は実物を見たことがないのですが、実際に行かれた方の話を聞くと、誰かが石を削って作ったのではないかと思うほど、とてもリアルな形をしていて、そしてとても大きいようです。(下ネタではありません。笑)

言い伝えとしては、なんだかハッピーな感じではないですが、何かを生み出すパワーが強いことは確かな気がします。そして、ハワイでは石は人間関係を象徴するシンボルでもあり、アウマクア(祖先)や神との関係を表すのにも用いられ敬意をもって扱われるものなのです。

このカードが出た時は、人間関係が活発になるサインです。
新しい出会いもあるでしょう。そんな出会いから新しい何かを生み出すチャンスがありそうです。それは自分の才能に気が付くことかもしれませんし、新しい仕事や趣味を見つけることかもしれません。

また、ずっとつながっていた人達との関係性が深まるときでもあります。大好きな人達との時間を心から楽しみじっくりと味わいましょう。

ひょっとしたら、苦手だな~と感じていた人の意外な面に気が付いて、とても仲良くなるなんてこともあるかもしれません。これは自分自身を赦すことにもつながりますよ。自分の目につく他人の欠点は自分自身の欠点だったりしますからね。

どんな人にもハワイの石のように敬意をもって接してみてください。視点を広げて触れ合ってみてください。それがご自分の魂の成熟に繋がり、あなた自身の幸せも増幅します。

この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

The sun’s light brings new life – the moon’s glow,renewal.
陽の光は新しきいのちをもたらし、月の輝きは再生をもたらす。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・3月22日の言葉)

MAHALO☆白龍


新月とマナカード2023年2月20日~3月21日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

花粉が既に飛び始めているのか?なんとなく鼻がムズムズとするこの頃です。
整体の先生に勧められ身体を温めるために朝晩と湯舟に浸かる生活をここ数年してきたのですが、ガス代高騰のためと運動不足解消のために、朝のお風呂をやめて海まで歩くように習慣を変えました。寒いし朝起きるのが大変だから続かないかもな~と想いながら始めたのですが、冷たい朝の空気の気持ちよさが心地よくて毎朝起きるのが楽しみになってきました。毎日同じコースでも飽きずに歩けます。今は白やピンクの梅の花がキレイで鳥の鳴き声や打ち寄せる波や太陽の輝きに毎朝感動しています。こんな何気ない幸せを感じることが大切なんだな~と丁寧に生きていきたいな~と感じているこの頃です。
 
それでは、今月のマナカードからのメッセージです。 

WA’A(ヴァア)/カヌー・移動

今回の新月に出てきてくれたのは、WA’A(ヴァア)のカードです。
WA’A(ヴァア)はハワイ語でカヌー。このカードに与えられたテーマは「移動」です。

カードに描かれているのは双胴のカヌーで、スターナビゲーションという航海術を使って海を渡っています。羅針盤や地図などない時代にハワイアンの祖先は、星や太陽の動き、風や波の変化、鳥の飛び方など自然のサインを頼りに海を渡ってきたのです。

ハワイには一時期西洋人の侵略により、自分たちの伝統文化を抑えられていた時代がありました。ほとんどのハワイアンがハワイ語を話せなくなっていたそうです。そんな失われた伝統文化を復活させるために建造されたのが「Hokure’a(ホクレア)」という双胴のカヌーです。このホクレアの誕生と航海の成功でハワイアンは自分たちの文化の素晴らしさに目覚め、スピリットを再び取り戻しました。「Hokure’a(ホクレア)」はアルクトゥルス星のことで、「喜びの星」という意味です。ホクレアは今もこの伝統的な航海術を使って世界中の海を航海して、地球のために大切なメッセージを伝えてくれています。2007年には日本の各地を巡り、私も横浜でお迎えすることができました。2026年に再び日本に来る予定となっています。

余談ですが、私自身もハワイアンの祖先のスピリットを感じたくて、双胴のカヌーではありませんが、6人乗りのWA’Aを漕いでいました。長年、海の近くに住みながら浜辺では遊ぶものの怖くて海上に出るなんて無理~と想っていた私を突然「海に出たい」と思わせてくれたもの、それがホクレアでした。
ハワイの文化を知ることで、おそらく海を渡ってきたであろう、自分たち日本人の祖先のことにも思いを馳せました。海を愛する純粋で心優しい人達に囲まれて助けられてばかりではありましたが、この人達のために、そしてカヌーを動かすために、自分には何ができるのだろうか?と問いかける一生懸命な日々でもありました。今は体調や色々な考えもあり、お休みをしていますが、仲間達とハワイやタヒチの海、伊豆の島々を漕いで渡ったことは私の人生の大きな宝物となっています。では、カードの意味に戻ります。

このカードが出てきたときは、大きな変化の前触れです。

人生は常に変化の連続で航海のようなもの。そして、例え見た目には独りであったとしても、決して独りだけで生きている人間はいません。常に誰かの助けが必要です。
自分の手元に届くものは全て色々な人の手を通ってきているものですしね、決して人は独りでは生きられません。直接な関係があろうとなかろうと全てはつながり、助け合って生きています。

このカードのイラストを観ていただけると判るのですが、たくさんの人が乗船しています。
乗船している一人一人が大切な役割をもって動くことで、この大きなカヌーは進んでいます。変化の渦中で何かを選ぶ際には、「自分がこれからの人生をどんな人達と一緒に過ごしていきたいか。」ということをポイントに考えると良いよ!と、このカードは教えてくれているようです。

この大きなカヌーはあなた自身の住む世界を現わしてもいます。
あなたの行きたい未来を定めて、星を読み、風を感じて舵を切るのは、ほかの誰でもなくあなたなのです。あなたはどんな世界で、どんな風に生きていたいですか?
そんなことが見つかる大変化の時、楽しんで進んでみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝くことでしょう。

My hope lies in the future ; my strength lies in the past ; my survival lies in the joining of the two.
わが希望は未来にあり、わが気力は過去にある。未来と過去の交わるところには生き残ろうとする自分がいる。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・2月20日の言葉)

MAHALO☆白龍