新月とマナカード2022年5月1日~5月29日

ALOHA!!
雨の新月。5月1日はハワイではレイデーといってハワイ文化の象徴でもあるレイ(花の首飾り)をお祝いする日でもあります。

ハワイの空港でWelcomeの意味をこめてお花や貝、木の実のレイを首にかけてもらった人も多いと思いますが、ハワイアンは人をお迎えしたり、お誕生日や記念日に親愛の意味を込めてレイを贈ります。レイは「愛する人」を意味することもあり、夫、妻、恋人や子供などを「私のレイ」と表現したりもします。お別れの時にレイを切って渡されたという切ない話も聞いた覚えがあります。また、長いへその緒を連想させるため、お腹の中の赤ちゃんがへその緒に絡まらないように妊婦さんにはあえて輪になっていないオープンレイをかけてあげます。
こんなところ、ハワイの文化はとても心こまやかだな~と感じます。

私にとってこの期間は、大切な両親とお別れをした期間でもあります。2人とも5月に亡くなりました。どんだけ仲良しなのか!

先日、コロナが少しおさまってきたので、老人ホームからようやく面会の許可がおり、何年かぶりに95歳の伯母、そして近所に住む96歳になる伯母に会ってきました。その90歳越えの伯母達がそれはもう、とてもとても元気で肌艶も良く、声も高らかで、支えもなくすたすた歩いているのを見て逆に度肝を抜かれてしまいました。そして、クリスタルボウルを奏でてあげたら、とても喜んでくれて伯母達に私自身がとても元気をもらった出来事となりました。

そして、久しぶりにあった従姉からは、写真家である従姉の旦那様が撮っていたビデオを最近デジタル化したらしく、そこに生前の両親の姿が映っていると聞き涙。あとで送ってもらう約束をして帰ってきました。従姉の母である伯母が早くに亡くなったため、従姉の出産の際には母が差し入れをしたり面倒を見ていたようで、そんな昔話をするだけで、母の優しい笑顔を想い出して涙。今これを書いている瞬間も涙が止まらず、愛されて育ったのだな~としみじみ思ったりもするわけです。

巷はGW真っ只中ですね。肉体は消えても魂は常に寄り添ってくれはしますが、実体が消えるということはやはり寂しいことです。ぜひ、大切なレイがあなたのそばに居ることに感謝してお過ごしください。

それでは、マナカードからのメッセージです。

HULU(フル)/羽

今月は「HULU(フル)/羽」のカードが出てきてくれました。テーマはイリュージョン(幻想・錯覚)始まりを現わすカードでもあります。
私がこのカードを見たときに最初に目が行ったのが、右後ろのコアの木(ハワイの固有種で聖なる木・カヌーなどの建材に使われます。)の枝に巣を作って休んでいるエレパイオ鳥です。この左側にある大きな足が一歩前に踏み出すことによって、眠っていたエレパイオ鳥が慌てて起き上がって飛び立っていく!そんな姿がビジョンとして見えたんですね。
「寝た子を起こす。」というと、なんだか厄介なことが起きるといった感じであまり良い意味ではないのですが、そういう感じではなく
「思わず飛び立っちゃった。テヘペロ」 みたいな表現がぴったりのような気がします。
だから、「面白そうと思ったその感覚を信じて一歩踏みだしちゃいなよ!」って感じですね。踏み出すことで、それがやっぱり自分がやりたいことだったと腑に落ちて、そして飛び出すことで上からの視点を得るので、視野がどんどん広がっていく、、、そんな感じ。

ちょっと表現がヘタなんで判りづらいかもしれませんけど、
つまり、自分の狭い視点で考えていてはダメだよ。
動くからこそ色々見えてくるものがあるよってこと。
しっかり大地に根付いた意識から直観がやってくるので安心して進んで大丈夫。
自分を信じて!
真ん中にある七色の羽は あなたを導いてくれる希望です。
そして、その希望の羽が風にのって舞い上がっていくのを追っていくことで、気が付けば あの山の上で すっ と立つあなたが居るのだと思います。

あなたはどんな一歩を踏み出しますか?

小さなことでも、大きなことでも、何か一つ新しいことを始めてみてください。
自分では思いもよらなかったちょっとユニークな場所にきっと運ばれていることと思います。

この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Be reborn in the beauty and spring.
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・5月1日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2022年4月1日~4月30日

ALOHA!
まだ少し肌寒い瞬間もありますが、桜も咲きすっかり春の気配ですね。街もほんの少しですが活気を取り戻しているように感じます。今回そして次回の新月である朔日(ついたち)はグレゴリオ暦の1日と重なります。ここ何年か新月にマナカードからのメッセージをブログにあげてきましたが、私の記憶が確かであれば初めてのことかもしれません。今年は何か特別な空気に包まれている感じがします。

皆さんは、どんなことを感じてこの春を迎えられているのでしょうか?
私は「なんやかんや言って、自分はあまり変わらないな~」なんて思いながら今朝は目を覚ましましたが、それでもよく考えてみれば、いえ、よく考えてみなくても、1年前とは状況や心境が全然違う自分が居ることに気が付きます。じゃあ、なにがあまり変わらないのかな~と自分に問いただしてみると、「本質が変わらないのかもしれない!」なんて言葉が浮かびました。でもまあ、その自分の本質すら何なのか全然まだ判らないのですけれどね。

では、マナカードからのメッセージです。

PELE(ペレ火山の女神)/ 隆起

ハワイ島のキラウエア火山のハレマウマウ火口に住むといわれている女神ペレ。

このカードを見たときに、
「あ~ずっとずっと溜め込んできたものが溢れてしまう時が来るのだな!」という言葉が浮かびました。

ペレというと嫉妬深くて、怒りっぽい性格と表現されることもあるので「怒り」や「憤り」などが原動力となって動いていく、、、という解釈もできるのですが、確かにそういう人もいらっしゃるのかもしれませんが、

私が観じたのはそういうことではなく、
「本当に大切な時に動けるように溜め込んでいた良質なエネルギーを動かすときがくる!」そういったことでした。

NHK朝ドラの「カムカムエブリバディ」の中で大部屋俳優として長年活躍されている虚無蔵(きょむぞう)さんが主人公の日向ちゃんに言う言葉、「日々鍛錬し、いつ来るともわからぬ機会に備えよ!」
まさしく、こんな絶好の機会が皆さんにやってきそうなミラクルタイムになるのが、この新月の期間のようです。

ミラクルと言えば余談ですが、ペレの住むハワイ島は不思議な場所で、行くたびに私の心の中を現わすかのような景色を見せてくれます。

初めて行ったときはなんだかとても怖い場所にきてしまったな~と思っていましたが、そんな時は友達の結婚式で訪れたので楽しいはずのハワイなのに色々な事に怒りや憤り、自分自身の不甲斐なさを感じて、なんだかとても辛かったのを覚えています。
2回目に行った時には、母が亡くったあとで病気の父を置いて勉強をしに行ったためか、ことあるごとにずっと泣いていました。でも、そんな時のハレマウマウ火口は母のように優しく私を迎えいれてくれました。
3回目は初めてのカヌーの長距離レースで訪れた時。私の心は冒険心と楽しさに満ちていて、そんな時には100頭以上(200頭っていってたような気もする)のイルカの群れにカヌーが囲まれて、目の前でイルカがスピンをしたり、一緒に泳いだりもしました。

みなさんにどんなミラクルが起こるか楽しみです。
この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2022年3月3日~3月31日

ALOHA!風の中に春の気配を感じる季節となりました。
今年は花粉もちょっと早めに飛んでいるのでしょうか?花粉症の私は少しだけムズムズする瞬間が増えています。

巷では戦争があったり、相変わらずコロナだし、なんかバタバタしている世の中ですが、心の中だけでも平安で居たいものです。

さて、それでは、さっそく3月3日新月のマナカードを観ていきましょう。

PAHU(パフ/神聖な太鼓)・タイミング/儀式

今回出てきてくれたのは、「PAHU(パフ)」という太鼓です。この太鼓は儀式やフラを踊るときなどに使用されます。この太鼓はハワイアンにとっては、とても大切なものでした。太鼓をたたく皮の部分は古代ではサメの皮を使用していて、上手に叩かないと血だらけになっていたそうです。また、それぞれの太鼓にはマナが宿るとされていたため、名前も付けられていました。太鼓用の特別な小屋もあったそうです。それだけ神聖なものと考えられていたんですね。

こちらのカードの意味は、儀式・タイミング。

今回このカードが出たときに観じたのは、「自分の価値観が変わる出来事が起きる。」ということでした。今まさに人生のターニングポイントという方が多いようです。

また、このタイミングで出逢うべくして出逢う、そんな特別なご縁を感じる人との出会いもありそう。

そのためには、アンテナをはっていること、積極的に受け入れてみること、今までの自分ではNOだと感じることにも関心を向けてみること、表ではなく裏で支えてくれている人やものにも注目をしてみること、、、そんなことが大切になってきます。

また、生活の中にちょっとした自分なりの儀式のようなもの(瞑想やジンクス、静かに考える時間)を取り入れてみたり、何かよく見るシンボルに注目してみたりすることも今を豊かにする知恵となります。

自然の中に身を浸したり、ゆったりする時間をとることも良いでしょう。

今、まさに新しく何かが産み出される時を迎えようとしています。
どんなふうに変化発展していくのか楽しみに自分の魂が求めるほうへ進んでいきましょう。
自分の氣持ちにウソはつかないように、しっかりと自分と対話する時間をもってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2022年2月1日~3月2日

ALOHA!今回はグレゴリオ暦の1日と合わさった朔日(ついたち)となりました。
なんだか巷は感染者拡大で騒がしいようなのですけれど、私はのんびりと過ごしていまして、先日はキャンプで火を囲み、たくさん美味しいものを食べて温泉につかり、好きな人たちと時間を分かち合い、マイペースにこの地球での体験を楽しませていただいています。それでは、今月のカードを見ていきましょう。

NAUPAKA(ナウパカ・ナウパカの花)・別離

ポジティブなカードしかない!と言われているマナカードにしては、ちょっと寂しげな絵柄のカードが出てきました。人間関係や恋愛などで悩んでいる人に出てくることがよくあるカードでこの絵柄を見た途端に泣きだす人もいらっしゃいます。

これは「ナウパカ」というお花のカードで「別離」というテーマがカードに与えられています。ですから、「これを見て泣き出すって、もう自分で答えが出てるんじゃん!」て想いながらリーディングすることもあります。

ナウパカの花には、火(火山)の女神ペレの横恋慕によって引き裂かれた恋人たちのせつない伝説があり、円が半分に切られているような半月型をしています。そして、ビーチナウパカとマウンテンナウパカという2種類があります。絵柄でもビーチとマウンテンのナウパカが描かれています。この2つのナウパカを合わせると涙を流すという伝説もあるとか。日本では沖縄でも咲いている姿を見ることができます。

実際にその人間関係や恋人からお別れするっていう直接の意味があてはまる場合も、もちろんあります。自分の価値観とは合わないものや手に余るものから卒業だってね。

でも、やっぱりこの関係は私には必要だって気が付くキッカケになる場合もあります。そんな時は「今のこの気持ち」を自分から切り離して、新たな気持ちでやり直そう!と読む場合もあります。

また、「断捨離をしましょう。」「要らんもの捨てなさい!溜まってるでしょ!」という時もあります。そしたら、ご自宅やお部屋の整理、携帯のアドレスとかを見直してみるのも良いでしょう。

また、自分の行動をとどまらせている、恐れや不安などの「要らん感情を捨てろ!」っていうことかもしれません。

最近見た公認心理士の橋本翔太さんのYouTubeで「嫉妬」は「何かを我慢しているのが原因だ。」という動画を見て、「なるほどな~」と思ったのでシェアしますね。

SNSとかで誰かが楽しそうにしていたり、恋人と仲良くしていたりするのを観て、とくに羨ましいとは思っていないけれど「モヤっと」したりすることがありませんか?

それって「嫉妬」の感情らしく、それを素早く認めることがまずは大切らしいです。それでなぜ人は「嫉妬」をするかというと、「自分が何かを我慢しているから。」だそうです。その我慢していることは「モヤっと」きたことに直接つながらない場合もあるそうです。それで、「モヤっと」きたら「自分は何を我慢しているのだろうか?」と内観することが大切なんですって。そして、我慢していることが見つかったら、些細なことでも自分を満たす行動を起こすと、その「モヤっと」が消えていくんですって。

私が認定講師をしているアウェイカープログラムでもモヤモヤした気持ちを自分の内側から引き出して浄化して感謝して昇華させる、自分の希望や気持ちに光を充てて、そして直観来たら即行動!「天丼食べたい!」でもよいし、「誰かに逢いたい!」でもよいし、些細なことで良いのでどんどん自分のやりたいこと、行動をしていくことが大切なんだよってことなんですが、、「同じ原理だな。」と感じました。

是非、何かでモヤっとすることがあったら、試してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2022年1月3日~1月31日

ALOHA!!
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
お正月休みがあっという間に終わり、正月ボケが抜けずに、失敗を見つけた上司から戸惑いのチャットが相次いで届いた本日仕事はじめでございます。まあ肝心なところ抑えてれば、それでいっかと開き直っております。
それでは、本日から次の新月までのカードを見ていきます。

LAMAKU(ラマクー)・松明/勝利

出てきてくれたのは、LAMAKU(ラマクー・Uの上にカハコーという音を伸ばす記号が入ります)のカード。ラマクーはハワイ語で松明。ということで絵の中には松明になるものが描かれています。

火の中にある黒い点々はククイの実で、ククイはハワイ州の木でもあります。ハワイで黒い実のレイ(首飾り)を見たことがある人もいると思いますが、あれがククイの実です。ククイは脂肪分が多いのでろうそくとして使われていたため、キャンドルナッツツリーとも呼ばれています。

そしてまた、ククイは啓発と悟りを意味します。

カードに与えられたテーマは「勝利」-バランスの良さが勝利を招くことが現わされています。

心臓の部分が輝いているのは内なる明かりを見つけたことを現わしています。ご自分にとって、どんな状態でいる時にバランスの良さを感じますか?この答えが見つかったときに、このカードのようにハートが光輝くのでしょう。この新月の期間は、そんな答えが見つかる、あらためて感じる、そんなタイミングになります。

PONO(ポノ=ハワイ語で「本来あるべき状態」)=すべてがちょうどいいバランスで調和のとれた状態。

みなさんが、自分自身も、他人も、環境も、ぜ~んぶ、愛し、認め、許し、ご自分の内側の光を輝かせて行動していくこと、それがPONOだと白龍は観じています。少しでも笑顔になる瞬間が多くある人生を過ごすよう心掛けたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2021年12月4日~2022年1月3日

ALOHA!! 12月に入ったというのにあまり寒さを感じない今年の冬です。朝に朔日参りに行った後は近所を少し散歩して自宅からキラキラ光る海を眺めていましたが、なんて穏やかで幸せなんだろうか!と、そんな気持ちをかみしめて今日1日を過ごしました。冬は空気が澄んでいて景色もきれいに見えて、空の色の移り変わりを見ているだけで感動。この美しい地球に生まれたことに感謝の日々です。
それでは、本日から次の新月までのカードを見ていきます。

POLI’AHU(ポリアフ)・雪の女神/愛撫

出てきてくれたのは、POLI’AHU(ポリアフ)のカード。ポリアフは、ハワイ島のマウナケア(白い山)に住む氷(雪)の女神。ソリの名人で、あの火の女神ペレにも勝ってしまうという強者です。

カードに描かれているポリアフは中心に凛とした姿で立ち、強くも優し気な雰囲気を漂わせています。カードのテーマは「愛撫」-優しく愛情をこめて、相手に触れることです。

あなたはとても優しい人ですね。そして、よく頑張っています。周りの人のために犠牲的に動くことも時にはあるのかもしれません。さらに今、頑張ろうとしているのかもしれません。

でもね、状況を何とかしようと無理に動くのは止めておきましょう。今は何かに対して働きかける時ではなく状況を静観するとき。能動的に動くことは勿論大切なのですが、今は動かないことが功を奏する時なのだと、このカードが伝えてくれています。

今はこの絵に描かれているポリアフのように芯の強さを持ち、自分の軸を整える時。自分が望む自分自身の本来在るべき姿を振り返り、そこに集中するタイミングです。

そして嬉しいことには、あなたが今どんな状況に居ようとも、「あなたは一人ではありません。周りにはあなたを応援してくれる人、仲間、先祖や守護霊などがたくさん居ます。」と伝えてきてもくれています。それは、あなた自身が例えそのように想えなくてもです。

この新月は、ちょうど年末から新年に向けての時期でもあるので、1年の自分を振り返り、さらに来年に向けての自分の在り方などを決断するのに最適な時期のようです。そして、今一緒に居てくれている家族や仲間などと楽しく感謝の気持ちで過ごすのが良さそうです。

私(白龍)自身も本当にすべてのことに感謝の気持ちでいっぱいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。この新月の期間もあなたがたくさんの笑顔に囲まれるようお祈りしています。

MAHALO☆白龍

マナカード 「マナカード〜ハワイの英知の力」 キャサリン・カラマ・ベッカー著 * ドヤ・ナーディン絵 * 新井朋子訳 *ラディアンス・ネットワーク社刊

新月とマナカード2021年11月5日~12月3日

ALOHA! 空気が澄んで、空を見上げたり、遠くの景色を眺めるのが楽しい季節になってきました。

11月8日は「三光出現」の日。これは古来日本での吉兆の印で、昼間に太陽、月、金星が同時に見えることを意味しているそうで、今年は月が金星を隠す金星食も起こるようです。この日は空を見上げる日になりそうですね。

さて、それでは今日から次の新月までをマナカードで見てみましょう。

PAPA&WAKEA(パパ&ヴァーケア)・地母と天父/苦闘・全体

今回、出てきてくれたのはPAPA&WAKEAのカード。

PAPA(パパ)は大地の母、そしてWAKEA(ヴァーケア)は天の父。この2神がハワイ諸島の産みの親です。詳細に語ると全ての島がこの2神から産み出されたわけではないのですが、この神様たちは日本神話のイザナギノミコトとイザナミノミコトのような神様です。

このカードに与えられたテーマは「苦闘・全体」 
産みの苦しみや陰陽の統合などを意味するカードになっています。

このカードを見たときに「全体」という意味合いが今回は強いのかな~と観じました。
今月は、ご自分自身が抱えてきた「葛藤」を手放す時なのでしょう。

あれはダメ、これはOKといった自分自身への判断。それは人と比べることで自分が設けてしまった物事や在り方の基準です。良い悪いを判断して自分の中に在るものを排除しようとしているから苦しくなってしまう。

自分の良い部分は、自分の欠点でもあります。それをすべて認める。
今は、ご自分の中の二極化した部分を統合する時です。

自分の中にある古くさびついた価値観や常識はどんどん手放す。 自分の中で作ってしまった基準をなくせば葛藤はなくなり、全体のバランスが整い、心は穏やかになっていきます。

Healing(ヒーリング・癒し)の語源は、Whole(ホール・全体)ですからね。

そんなことに気づいて、新しいあなたとして可能性への更なる一歩を進める時になります。
どうぞ、ご自分全部を愛で包み込んで、楽しい時間をお過ごしください。
最後まで読んでいただき感謝します。
あなたの笑顔がたくさんの人を和ませますように。

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2021年10月6日~11月4日

ALOHA! 10月に入りましたが、なんだか暑い?ですよね?
半袖でダラダラと汗をかきながらテレワーク中です。

最近、毎日眠る前に「大日月地神示」という本の文章を音読するのが日課になっています。
この神示は、大本の出口ナオさん→岡本天命さんに「日月神示」を伝えた霊団から神人さんというシャーマンにおろされた神示なのですが、音読すればするほど、なんだか心がすっと軽やかになり安心した心持ちになれるのです。言葉遣いが現代の私たちにはあまり慣れない言葉遣いではあるのですが、それでもなんだか音読をすると、すっとハートに入っていくような感覚があります。コロナ疲れや最近なんだかモヤモヤして重い感じがする、なんて方におすすめです。

それでは、新月のマナカードを観ていきましょう。

HO’OPONOPONO(ホオポノポノ)・誤りを正す/コミュニケーション

なんと、前回と同じカードが現れてくれました。
Ho’onopono(ホオポノポノ・誤りを正す)/コミュニケーション

前回観た時の印象では、「自分自身への誤解や思い込みを解く!」と観じたのですが、今回の場合は、「他人とのコミュニケーションの大切さ」を伝えてくれていると感じました。

緊急事態宣言も明けたので、もちろん気を付けながらではあるけれど、好きな人たちと集まってみたり、旅行に行って親交を深めてみたり、そんなことをしようよ!とそんなふうにカードが言っているように観じます。

もちろん、まだ直接会うのがままならないような状況や心境の方は無理せずに、お電話やZoomなどでお話をされたりするのも良いですし、お手紙なんかも良いかもしれません。こんなときだからこそ、何か伝わるものがあるんじゃないかな。

直接的にも間接的にもしり込みせずに、どんどん人と関わることで成長や幸福が訪れる、そんなタイミングです。

人間は頭を下に向けた体制だとネガティブなことしか考えられないのだそうです。でも、逆に胸を広げてまっすぐ前を向いている体制だとポジティブになれるのだとか。
最近は自宅に居る時間が増えて、スマホやパソコンなどを観る時間が増えましたので、どうしても下を向きがち。 ネガティブな思考に陥って、あれこれと変な思い込みや他人への誤解なども増えているように観じます。コロナのことが心配な方もいるとは思いますが、どんどん胸を張って、表に出ていきましょう。視野が広がって、今まで見えなかったものを感じることができるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。あなたが大好きな人たちと楽しく笑って話しているそんな幸せなエネルギーをこの文章にこめておきました。楽しい月になりますよ!

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2021年9月7日~10月5日

ALOHA!  なんだかイッキに涼しくなって秋の気配ですね。暑いのが苦手なので嬉しいことは嬉しいのですが、こうも突然季節が変わると戸惑いもある、、、そんな今日この頃です。
涼しくなると身体が冷えて調子の悪い部分から波及して身体のあちこちが痛くなっているのですが、さとうみつろうさんのブログで紹介されていた「葉っぱ療法」が思いがけずに功を奏しておりまして、なんとかその状況を乗り切っております。カヌーを漕ぎに行くまでには至らないのですが。
葉っぱ療法ー何でもよいので葉っぱを両足の内くるぶしに貼る+痛い部分にも貼る
騙されたと思ってやってみてください。本当に傷みなくなるから!

そして、私は今週末から今までのお仕事も続けつつ新しいお仕事にもチャレンジです。
笑顔になる人を増やせるお仕事です。ワクワク、ドキドキです。

それでは、マナカードのメッセージです。

HO’OPONOPONO(ホオポノポノ)・誤りを正す/コミュニケーション

日本でもお馴染みの言葉になりつつある「HO’OPONOPONO(ホオポノポノ)」のカードが出てくれました。
ハワイで家族間の問題などを話し合いで解決する儀式であるホオポノポノ。この絵のように仲介となる人が間を取り持って、とことんみんなの意見を聞いてまとめるということをしていたようです。そして、問題が解決したあとはみんなで一緒に食事をして、そのことについてはその後一切口に出さなかったとか。

他人との問題を解決するためにはコミュニケーションが大切だよ。というカードではありますが、今回私がこのカードを見て観じたのは「自分自身への誤解を解く」ということでした。

自分で勝手に「自分はこういう人間だから〇〇できない」とか、とかく思いこみを人は持ちがちです。それは育った環境や親の影響などもあったりして、ずっと自分に沁みついているせいで、自分でも気が付かぬうちにそういった観念を握りしめてしまっているのですね。私自身もたくさん観念もっています。

でも、この新月の期間は、自分が気が付かないうちに身に着けてしまった観念や思い込みがどんどん心身から離れていくということになりそうなんですね。

そのために、ひょっとしたら、ちょっとした心の傷みなどもあるかもしれません。
そんなときも、「これは次のステップに進む時がきたのだな。成長のときなのだな。」と受け容れるようにしてください。心を必要以上に乱さぬように。何があってもあなたは大丈夫ですから。 

人間関係の改善が起こる期間でもあります。自分が苦手だった人が、実は自分が誤解していただけで本当はとても良い人だと判って仲良しになったりとか、そんな嬉しい出来事がある人も多いでしょう。

この期間は、どんどん自分の固定観念を解き放ち自由になっていける時期となりますので、心を柔らかく保つことを心がけてくださいね。きっと、また新しくて楽しい世界があなたを待ってますよ。(誰かの歌みたいだな、、、笑)

では、今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
楽しい毎日が続きますように!

MAHALO☆白龍



新月とマナカード2021年8月8日~9月6日

ALOHA!!  白龍です。 
暑い日が続いています。みなさん、水分は充分に摂られていますか?
水分多めに摂っている人のほうが摂っていない方に比べて治りが早いと私が通っている整体の先生が兼ねてから言ってらっしゃるのですが、確かに水分を摂ると身体のエネルギーの循環が良くなるような気がしています。がぶ飲みは身体を壊しますが、こまめに水分補給を心がけてくださいね。

それでは、今月のマナカードからのメッセージを見ていきます。

MO’O(モオ)・とかげ/罠

出てきてくれたのは「MO’O(モオ)」のカードです。

マナカードの44枚中で私が一番好きなカード。「罠」という意味付けがされているので、このカードが出てくると「え?」と思う方もいるようなのですが、なんだか幻想的なこの絵柄がとても好きで、ここに居る2人がとても楽しそうに仲良さそうに私には見えるんですね。

ここで言われている「罠(わな」ですが、これは「誰かに罠を仕掛けられるから注意して」とかって意味ではありません。

「言葉の罠に注意して!」ということを言っています。

まず一つは、「自分を罠に陥れているのは自分自身だよ。」ということ。
知らず知らずのうちに、自分自身を卑下するようなネガティブな言葉を自分自身に投げかけていませんか? 心の内側、外側、誰かや何かに向かっての言い訳とかに使ったりね。
まずは、そんな自分の言葉を振り返って確認してみる良い時期が今なのかもしれません。

もう一つは、こんな人はもう居ないとは思うのだけれど、、、
「誰かの悪口や陰口を言うこと」 これは確実に自分にブーメランのように返ってくるので注意が必要です。かといって人間ですから、人間関係の中でいつも相手をポジティブに見られるなんてことは無いわけで、自分の怒りやモヤモヤした気持ちはしっかりと受け止めてあげたうえで、「この人とはこういうところの価値感が違うのね~」みたいな感じで物事をニュートラルに見られるクセを付けていくのが良いのではないかと思われます。そうすると、なんでその人はそんな風に感じるのか興味が湧いてきたりもして、なんだか人間って面白いな~なんて感じるようになってきたりもします。

起こる出来事や出逢う人へ与える意味付けは自分がしているわけで、その時々に現れる感情は自分を知るセンサーなんですね。そのセンサーをうまくキャッチして昇華できれば、人生がより豊かに楽しくなるんじゃないかな。

MO’Oは大トカゲの魔物として、ハワイ神話では出てくることが多いのですが、私が聞いた中で好きなMO’Oの神話。

とても仲の良い夫婦が暮らしていました。妻は自分がMO’Oであることを隠して人間として暮らしていました。でも、ある時、夫は自分の妻がMO’Oだという事実を知ってしまいます。それでも、「MO’Oでも君は大切な自分の妻」と言って、夫婦はそのまま仲良く暮らしました。

こんなような話なんですが、なんだか、これって、普通の夫婦生活にもちょっと通じませんか?別々に生きてきた人間同士がある日から突然一緒に暮らし始めたら、自分が当然だと思っていたことがまったく通じなかったりすることもありますよね。まるで相手が同じ人間とは思えない~みたいなね。やっぱり、どんな時においても「コミュニケーション」と「歩み寄り」が大切なんだな~って思います。

出来る限り心地よい言葉を自分にも他人にも使うようチャレンジ!そんな月にしてみてください。

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
楽しい毎日が続きますように!

MAHALO☆白龍