新月とマナカード2024年6月6日~7月5日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

陽射しはだいぶ暖かくなってきましたが、ここ数日は北から吹く風が気持ち良く感じる湘南です。今朝は浜辺で今年初のクラゲを見かけました。毎年、「今年は早いな~」と思いながらクラゲの姿を見ているような気がします。このひと月は、つつじや薔薇やアジサイ、花ショウブなど、たくさんの花の姿に癒されていました。

そして、前から行きたかった場所や、前にも行ったけれどあらたな発見をした場所にも出かけて、リフレッシュもしてきました。旅に出る前は自分が計画通りに周れるのかドキドキもしましたが、やっぱり普段の生活から離れて刺激を受けることって大切だな~と感じたこのひと月の出来事でした。両親の命日がある、この期間は当時のことを想い出すことも多いのですが、今年は大変な時代を生き切った両親の生きるチカラみたいなものをより強く感じるタイミングだったような気がします。きっと私にも同じようなチカラがあるはずなのだけれど、最近はちょっとパワーダウン気味。少し休んだらまた何か始めたいな~と想っています。

それでは、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

LA’AMAOMAO(ラアマオマオ)・風の女神 /償い

出てきてくれたのは風の女「ラアマオマオ」のカード。テーマは「償い」です。

ハワイ人は、風のヒョウタンの中に風のチカラが納められていると信じていました。そして、そのヒョウタンの世話をしていた女性がラアマオマオ。ハワイには風の種類が少なくとも63種類あるとも言われていますが、チャントを詠唱することで、どんな風も思い通りに呼び出すことができたそうです。

ハワイ人は言葉のチカラを使って自然のチカラをコントロールできると信じていました。

ラアマオマオは風のヒョウタンの世話係を息子のパカアに引き継ぐのですが、ある時、マウイが巨大な凧を飛ばすためにパカアのもとを訪れました。しかし、ヒョウタンの風は凧あげには向かないと断られてしまいました。しかし、マウイはその忠告を無視して強力な風を呼び出し、それはやがて嵐となって、タロ畑を全滅させてしまいました。人々はマウイに腹を立て、マウイはひとりぼっちになってしまいました。しかし、マウイは風と天気の関わり方を教えてくれる小さな凧を作り、漁師や農民の役に立てる方法を見つけ、それを人々に分かち与えました。

このカードのテーマになっている「償い」とは、

失敗を認めてそこから学ぶこと。
失敗を恐れずにトライしてみること。
失敗してもやり直すことはできるんだよ。。ということ。
過剰な野心よりも、歩調をゆるめて、周囲を観察してバランスの取れた行いをすることの大切さ。

そして、あなたは自分が思っている以上にパワフルな存在だということ。

そんなことを教えてくれています。

あなたはこの期間に何を始めるのでしょうか。
楽しみです。

肩のチカラは抜いて進みましょう。

この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

The fragrance of summer blossoms pervades my dreams.
夢のなかにまであふれている夏の花の香り。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より6月6日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2024年5月8日~6月5日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

陽射しがまぶしく、まるで夏のようなGWでしたが、みなさんはどのようにお過ごしになったのでしょうか?なかには10連休という方もいらっしゃったので充実した時間を過ごされた方も多かったことでしょう。

私はといえば、心優しき友達と都内を散歩したり、高校時代からの友人達とランチをしたり、待望だったNetflixに加入して話題の韓国ドラマを観たり、ゆったりのんびりと過ごすことができた連休でした。

速いものでこの新月の終わりごろには、2024年の半分が終わってしまうのですね。時の流れの速さに少し驚いてしまう自分が居ます。そんな時、以前には焦りのようなものを感じたりしていたのですが、「気持ちが焦っていたり、慌てていたりする時に自分がとる行動は何もよい方向に進まない。急がば回れとはよく言ったものだな~」と、最近ではこんなように感じるようになりました。少し自分の気持ちに余裕が出来てきたのかな?

それでは、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

KANE(カーネ)・生命の神 / 創造

出てきてくれたのはハワイ四大神のひとり、生命の神「カーネ」のカード。テーマは「創造」です。

ハワイの四大神は、カーネ、クー、カナロア、ロノ。その中でも最も崇拝されているのがカーネだと言われていて、彫像では表されずにこの絵で描かれているように直立した石が、その象徴とされています。

伝説では、カーネは旅をしながら岩に棒を突き刺しては、新鮮な水を湧き出させていたと伝えられています。(この部分は空海の伝説に似ている。)突き刺す力は男性を表し、湧き出る水は生殖力を現わしています。つまり、カーネが湧きださせた水は創造と再生の源だということです。ハワイ語でカーネは男性という意味でもあります。(ちなみに女性はワヒネ)

このカードが出てきたときには、やり直し 又は、もう一度何かを始めるチャンスが来ているというサインです。

何を始めるのか、何をやり直すのか、と決断・選択をする際には
その物事をしている自分を少し思い浮かべてみると良いでしょう。

その物事は、、、
  *自分を元気にしてくれているか?
  *自分を若々しい気分にさせてくれているか?
  *幸せを感じているか?
  *楽しく感じているか?

新しいことを始めると最初は慣れないこともあったり、苦労をすることもあるかもしれませんが、それ以上に自分がその物事や起きた出来事にどのように向き合っているのかが大切なのだと想います。

カーネの創造の水はあなたをスイスイ~っと新しいステージへ運んでくれるようです。

私としては、この新月の期間は両親の命日が相次ぎますので、身体の中に流れる血やDNAといった先祖から受け継がれてきたものにあらためて目を向ける時期に入ります。そういった、自分の個性や資質、創造力について、あらためて考えてみるのも良いかもしれませんね。

また、描いたり、書いたり、作ったり、、、と創作を楽しんでみても面白いかも。新たな自分の才能が発見できるかもしれません。

この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

The joyous heart has as many blessings as the stars in the sky, na hoku.
(喜びにあふれるハートには、あの空にある星たち*ナ・ホク*の数ほどの祝福がある。)
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より5月8日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2024年4月9日~5月7日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

今年は少し遅れて桜開花のピークとなっている湘南地域です。
先週鎌倉に歩きにでかけた際には、名物の鶴岡八幡宮の段葛(だんかずら)に全く桜の花が咲いておらず観光客の方々がため息をついていたのを見かけましたが、今週末は見事に咲いて見ごろになっているようです。
曇りや雨降りの日も多かったですが、雨の中に咲く桜の花も美しく色々な表情にうっとりする毎日。桜以外の花々もたくさん咲き誇っていて、色とりどりの光景が嬉しい日常となっています。

それでは、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

PAPA&WAKEA(パパ&ワーケア)・地母と天父/苦闘・全体

出てきてくれたのは「パパ&ワーケア」、地母(=パパ)と天父(=ワーケア)のカードでテーマは「苦闘・全体」です。

このカード、実は前々回にも出てきてくれたカードです。
ハワイ諸島を生み出したとされる、、地母(=パパ)と天父(=ワーケア)のカードで、「葛藤」は善悪を決めている二極化の心が産み出していることや、大きな視点で全体を見ることが大切で真実は一つではない。ということをお伝えさせていただきました。

今回も大きくはメッセージは変わらないのかな、、、と観じます。

そんな中で今回注目したのは、
右下に描かれている「土と発芽する種」
左上に描かれている「雲と雨」
右上に描かれている「黒い茎のアヴァ(という植物)」

これらは生きていくために奮闘する力や自分を成長させていくために必要なパワー、そして勇敢であることの大切さを示唆しています。

そして、マナカードには1枚1枚のカードにチャント(詠唱)が充てられているのですが、今回はこのカードに充てられているチャントにも意識がいきました。

「E ola au.(エオラアウ)」⇒「私に命をください。」

あ~なるほど、、、「命」か。

私は毎朝両親(先祖)の仏壇に向かってお経を唱える習慣があるのですが、数日前からその終わりに「受け継がれた命を存分に活かします。」と宣言をするようになりました。先祖や両親がもしやり残していることがあれば、代わりにお役目をすることで我が家の家系が今まで解決できなかった問題が解消されるのではないかな~と考えたからです。

お父さんとお母さん、異なる2つのものが結びついて活性化されたことで、私もこれを読んでくださっているあなたも命が吹き込まれているんですよね。

なので父と母、男と女、異質のものが結びついて新しいものを生み出すカードがこのタイミングで出てきたということは、「この命を活かす事柄がまた新たに現れる時なのだろうな」と観じたのでした。

大切なのは、
人との出会いを大切にすること。
まずは受け容れてみること。
過去の体験から得た思い込みを外してみること。
自分の価値観や常識に縛られないこと。
プロセスを楽しむこと。
新しいことを始めることを恐れないこと。

と書いている私も、今ちょっとだけ「行ってみようかどうか?」と悩んでいることがあります。だから思いっきり新しい世界への扉を開いて一歩踏み込んでみようと思います。

この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Time lays no claim upon the earth’s spell of wonder.
(地球の驚嘆すべき魅力に時が自らを主張することはない。)
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より4月9日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2024年3月10日~4月8日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

少し暖かくなってきたかな~と思ったら、雪が降ったり、気候が安定しない3月、いかがお過ごしでしょうか?花粉症の方にとってはつらい季節でもありますよね。かく言う私も保湿ティッシュが手放せない日々を過ごしています。最近は雨の日も多く、朝のウォーキングも出来たり出来なかったりですが、陽が早く昇るようになるにつれ、砂浜や街のゴミが目につくようになり、ウォーキング出来る日はゴミ拾いをしているのかウォーキングをしているのか判らないような状況に陥っています。それでもひんやりした朝の空気は気持ちよくて、波音や風が枝をゆらす音などを聴きながら歩くこの毎朝の時間に幸せを感じています。

それでは、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

HULU(フル)/羽・イリュージョン

出てきてくれたのは「HULU(フル)」、のカードでテーマは「イリュージョン」です。

このカードが出てきたときに最初に目に留まったのは大きな足。
「一歩前に!」
と言う言葉が浮かびました。

地面に落ちている虹色の羽は間もなく風が吹いて軽やかに飛び立つ寸前。その羽を追いかけるがごとく、軽やかに動いていく。。。そういったイメージが湧きました。

目指すは奥にあるあの高い山の頂上。
今はとても遠くに感じるかもしれませんが、喜びをもって自分の身に起きることをすべて受け容れ、それを楽しみ、一歩一歩着実に進んでいくことで、気づけばあなたはあの山の頂上で、それまでの歩みを懐かしんでいることでしょう。

先のことに不安を抱かなくても大丈夫です。その瞬間瞬間を感じて、その時にするべきことをやるだけです。あなたには、その時に自分ができることが判るはずです。失敗を恐れる必要もありません。進めば、次に自分がやるべきことが自ずと導きだされていきます。

焦らずに一歩一歩。
プロセスを楽しむこと。

それを大切にしてください。

すると、あなたの小さな希望や思いは、カードに描かれている大木のように枝葉を広げて、ぐんぐん成長していきます。

今が眠りの時から目覚める瞬間です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

Learn of the world around you, and in the learning,…find yourself.
自分のまわりの世界を学び、その学びのなかに自己をみつけよ。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より3月10日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2024年2月10日~3月9日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

雪も降り、ようやく冬らしいキーンと冷え切った空気を感じるこの頃。
立春が過ぎ、新月の今日、私としてはようやく新年が明けた気分となっています。

冬の澄み切った空気の清々しさにつられて始めた毎朝のウォーキングも気付けば早1年。
義務感で始めたわけではなく、気持ち良さから始まっているので毎朝起きるのも苦にならずに続けられるのだろうな~と実感しています。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

PAPA&WAKEA(パパ&ワーケア)・地母と天父/苦闘・全体

出てきてくれたのは「パパ&ワーケア」、地母(=パパ)と天父(=ワーケア)のカードでテーマは「苦闘・全体」です。

このカードには、ハワイ諸島が描かれていますが、このパパとワーケアはハワイの国生みの神様で、日本でいうところのイザナギノミコトとイザナミノミコトのような存在です。

国生みということは、性質が違うものが交わって新しいものを生み出すということ。
新しいものが産み出される時には葛藤(苦闘)も生じます。産みの苦しみというやつです。

この葛藤は何故、起きるのでしょうか?

葛藤とは自分の心の内側が争っている状態。その根っこは、何かを基準にして善悪を決めてしまっている自分の内側の「二極化」の心。コレは正しいけれど、アレは正しくないと思って、自分とは異なるものを排除しようとする心があるため葛藤が生じるのです。

では、この葛藤をなくすためにはどうしたらよいのか?

それは自分をよく見つめることです。
人はとかく自分の欠点を排除しようとしますが、本来、長所は短所でもあり、短所は長所でもあります。自分の長所と短所をすべて「認める」。自分を責めるのを止める。価値観や常識にとらわれずに自分自身を受け容れるということをしてみましょう。自分に寛容になれれば、他人のことも許容できます。

そして、もう一つ。

私たちはある一部分を見ただけで、そのもの全体を理解していると思い込んでしまう傾向にあります。ほとんどの人が目の前に起きている小さな出来事にとらわれてしまい、全体を見逃しがちです。それゆえに苦しくなってしまう。

でも、物事というのは見る側によって大きく変わり、真実は1つではありません。

起きていることを評価せずに、まずは良く見ること。
誰かや何かと比較してしまったり、レッテルを貼ってしまうと物事を正しく見ることはできませんので、大きな視点で物事を捉える努力をしてみると良いでしょう。

この新月のタイミングは葛藤も生じやすいですが、新しいものが産み出される生産性の高い時期にもなり得るので、是非、自分と向き合う時間を作って、全体的に物事を捉えてみることをしてみてください。既にあなたの内側で発芽されている何かがひょっこり顔を出すかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

Ask the Gods before taking from the land; ask not to take from Pele,for what is hers belongs to no other.
まずは神々に許可を求めよ、大地からなにものかを取り上げる前に。火の女神ペレものは許可を求めるまでもない。なぜならペレのものはペレだけのもの。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より2月10日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2024年1月11日~2月9日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

新年があけて、ようやく冬らしい寒さになってきたように感じます。 とはいえ、やはり例年よりは暖かいのかもしれません。私自身の体力があがったのかもしれないのですが、あまり寒さを感じる日も少なく、まだエアコンやストーブなどの暖房器具を使わずに済んでいます。

こんなに暖かくて地球は大丈夫なのかな、、と、とても気になります。

春から夏にかけては朝のウォーキングで浜辺に行くとゴミが散乱していて、それを拾うのが日課となって、ゴミを抱えて自宅に戻っていましたが、秋に入り冬になると浜辺のゴミは驚くほどにありません。そうなると、結局は地球をキレイにするには人間が地球から居なくなるほうが良いのかもな~と考えたりもしますが、地球にも喜ばれながら人間が住まわせていただける、そんな場所にするにはどうしたら良いのでしょうね。石鹸、洗剤などに気を配ったりはしていますが限度がありますから、何か良い方法はないのかしら。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

MANO(マノー)・サメ/リーダーシップ

出てきてくれたのは「マノー」、サメのカードでテーマは「欲望・リーダーシップ」です。

このカードはマナカードの5枚ある上下カードの中の1枚なのですが、赤いサンゴが上に出ている場合は、失敗を恐れずに強さと勇気をもって進むということが示唆されています。

私は現在、派遣社員としてある大企業で働いているのですが、このカードをひいたときに、年頭の挨拶で社長が「自分が良いと思ったら失敗を恐れずに進む。」ということをモットーにされているとお話されていたのを思い出しました。大企業のリーダーとなる人は、強さと勇気をもって誠実に働いていらっしゃるものなのだな~ということにあらためて感動をしました。社長の交代があり、前の社長はとても重厚感がある方だったのですが、現在の社長に変わられてからは会社の雰囲気が明るく柔らかい雰囲気に変わっていき、トップのエネルギーが会社自体の雰囲気を変えるという興味深い現象を見させていただきました。

ご自分の人生のリーダーはご自分自身ですので、自分の人生をより良きものにしたいのであれば、自分のエネルギーを高めていくことがとても大切です。
エネルギーを高めるためにはまずは自分自身の要望に耳を傾け、自分自身に優しくなること、そして正直になることが大切です。

もし、あなたがこの世から去るときに、自分の人生は失敗だったと感じたくないのであれば、今ここの失敗を恐れないでください。

あなたの人生は、家族や知り合い、同僚や仲間のためのものではなく、あなたのためのものです。あなたのリーダーはご自分自身なのだということ、いま一度ご自分を見つめ直す時期に来ているようです。

あなたの人生はあなたのもの、、という言葉とは矛盾するかもしれませんが、一度自分を壊してみるのも良いかもしれません。

例えば、自分の着たい服なのではなく、お店に行って自分に似合うものを店員さんに勧めてもらうとか、まるで興味がないけれど友達のお薦めの本を読んでみるとか、そういったことで新たな自分を発見したり、やっぱり自分はこれだ!ということをあらためて感じられるかもしれませんね。自分の可能性を探るこのタイミング、このカードに描かれているマノーのように自由に泳ぎまわってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

The gift of knowledge is never diminished.
知の贈り物はけっして失われない。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より1月11日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年12月13日~2024年1月10日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

12月に入りましたが、なんだか暖かく感じる日々ですね。朝の散歩もまだまだ寒くて起きるのがつらい~という現象とはならず、朝のキレイな空気が吸いたくて早起きができる生活が続いています。

在宅ワークが中心になってから身体をめっきり動かさなくなったため、これではどんどん身体がなまってしまうと思い、始めたウォーキングと筋トレ。飽きっぽい私のわりには着々と続けてきた結果、特にダイエットを目的にしていたわけではないので食事制限などもせずにいたのですが、自然と体重が落ちてきて、身体がすこしずつ楽になってきたりもしています。
「継続はチカラなり」を実感する今日この頃です。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

LAMAKU(ラマクー)・松明/ 勝利

出てきてくれたのは「ラマクー」、松明のカードでテーマは「勝利」です。

「ついに来た!」って、言葉がこのカードを観た途端に湧きあがりました。
自分の胸に秘めた物事が明らかにされていくときなのだそうです。
今まで、自分の中であきらめてきたこと、先延ばしにしてきたこと、そんなことを実行していくときなのだそう。

ところで、この先延ばしということ。私もかなり先延ばしにしていることがたくさんあるのですが、人は何故物事を先延ばしにしてしまうのか???って考えたことありますか??

これって、大体の人が「明日も自分は生きている!」と思い込んでいるから先延ばしにしたり、ペース配分をしてしまっているのだそうです。

でも、この世にいるどんな人も明日の運命なんて本当は判らないわけですよね。

だから、やっぱりこの瞬間瞬間をやりきる!生ききる!先延ばしにしない!それが大切だということらしいです。

かといって、何か特別なことをするということでもなく、何もしていなくても息はしていますので、その息に集中することで自分は全力で生きているのだということを呼吸を通して感じ、潜在意識に刻み込ませることができるようです。そうすると先延ばしにするクセというのが薄れていくようですよ。瞑想の効果ってこんなところなのかもな~とこの話を聞いて私は感じました。

呼吸に集中するということは、瞑想でも、歩いていても、筋トレしていてもできることなので、とても手軽で効果的な方法だな~と思いましたよ。呼吸って本当に大切。
イライラしてると呼吸が浅くなるし、しっかり自分の内側に居ると呼吸は深くなります。

呼吸ってハワイの文化にも通じていて
ALOHAの「ALO」は「~の前に」と言う意味。
「HA」は「息」や「命、魂」を現わしています。
ハワイの人が「ALOHA」と挨拶をする時には「あなたの魂を感じていますよ。」というとても強いマナ(パワー)が秘められているのです。

ということで、この新月の期間はいつも以上にご自分や向き合う人達の「息」=「命」に敬意をもって過ごすことが大切なようです。それが、あなたを「勝利」へと導くようです。
水星逆行の期間にも入っているようなのですが、コミュニケーションがうまくいかないときでも慌てず深く呼吸をして、対処すれば心配ないですし、昔の友人から連絡が入ったりする時期でもあるので楽しい期間を過ごしてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラ輝きますように!

Enjoy your dreams,for they come from a very special part of you.
夢をおおいに楽しまれよ。それはあなたのなかにある非常に特別なところからわざわざやって来るのだから。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より12月13日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年10月15日~11月12日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

街を歩いていると、ふと金木犀が香る、そんな季節となりました。
一気に肌寒くなり、暑さで溜まった夏の疲れが少しずつ身体から流れ出ていくのを感じています。最近は、もう長くお付き合いをしている友人達と出かけることも多く、リラックスして自然の中や大好きな音楽の話をして過ごすことも増えてきて、若い頃の無邪気な自分が戻ってきたような感覚を感じています。 

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

IWI(イヴィ)・骨 / 尊敬

出てきてくれたのは[イヴィ」、ハワイ語で骨を意味するカード。
テーマは「尊敬」です。

このカードに描かれているのは古代ハワイアンの死にまつわる儀式のシーン。
ハワイでは「アウマクア」という個人や各家庭の「先祖の守護神」が居ると信じられているのですが、その中でも一番パワフルだと言われている「サメ」に亡くなった人の遺体を捧げることで、その魂がサメに乗り移り、遺された家族にとってサメが「アウマクア」として護ってくれるといった儀式となります。

ハワイでは、血と肉は朽ちても骨は残ることから、そこにマナ(生命力)が宿ると考えられていて、不死の象徴として骨をとても大切にしているのです。

このカードが出てきたときには、自分の氣持ち、そして、家族や親しい人達などを大切に、そして敬うことを教えてくれています。

家族や親しい人をはじめ、他人に対して敬意をもって接することは普段できていても、自分の氣持ちを置き去りにしてしまう人のほうが多い氣がします。

「自分を大切にできているかな~」なんてことを考えて補正していく時期として捉えてみても良いのかもしれませんね。そうすると、少しずれていた自分の道がピシッと整って、色々なことが流れ動きだしていくのだと思います。

また、死にまつわる儀式のカードということで、
死は古いものが新しいものに道を譲る時でもありますので、新しいことにチャレンジしていくことになる人も居そうです。あなたは独りではなく、常に守ってくれる存在が居るということをこのカードは知らせてくれていますので、思い切って進みましょう。

お墓参りに行ったり、先祖のことを想って手を合わせて感謝を伝えてみるのも良いかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラと輝きますようにお祈りしています。

How much more interesting is the tapestry woven of many colors than that woven of only one hue.
ひとつの色で編まれたタペストリーより、たくさんの色が編み込まれているほうが、はるかに興味深きもの。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・10月15日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年9月15日~10月14日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

9月も半ばとなりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。
朝晩はだいぶ涼しくはなりましたが、相変わらず朝の散歩を終えたあとは汗だくの日々を過ごしています。季節の変わり目はとかく体調を崩しやすいようなので、お気をつけください。

私はもともと音楽関連の仕事をしていましたが、最近あらためて音楽のチカラを感じています。YouTubeなどでMVを観るのも楽しいのですが、音だけを聴いて、楽器やヴォーカル、息遣いなど、そこから伝わってくるエナジーの心地よさにはまっています。少し涼しくなった夜の空気の中でベランダに出て音楽を聴くのがとても心地よくて、町の景色を観ながら、小さな幸せを感じられることに感謝の日々なのです。

では、この新月の期間に対するマナカードからのメッセージを観ていきます。

NAUPAKA(ナウパカ)・ナウパカの花 / 別離

出てきてくれたのは、「ナウパカ」の花のカード。テーマは「別離」です。
このカードが出てきた時は、的確に「別れ」の時であることを示しています。

人それぞれ違いはあると思いますが、何かから離れるタイミングが来ていることを感じている人が多くいるのではないでしょうか。

それは、人とのお別れでもあるし、
自分の内側に居る自分の一部とのお別れなのかもしれません。
今まで大切にしてきたものを手放すことになるとか、
自分がこだわってきたものや習慣から離れる人も居られることでしょう。

手放すことや離れることに罪悪感を抱く人も居るかもしれませんし、寂しさなどの感情を味わう人も居るかもしれませんが、それも一時のこと。
手放したあとはスッキリと、どこか安心感や希望を味わっている自分に気が付くはずです。
そして、手放すことも、そのものに対する自分の愛なのだということにも気が付くでしょう。

手放すことを恐れない。

この新月の期間は余計なものをそぎ落とすことに集中すると良い時期なのでしょう。
今のあなたに必要のないものはなんですか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラと輝きますようにお祈りしています。

See the dance of the rain upon the leaves; hear the laughter of the waves upon the shore.
葉のうえで踊る雨を見て、岸辺に波の笑い声を聞け。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・9月15日の言葉)

MAHALO☆白龍

新月とマナカード2023年8月16日~9月14日

ALOHA!! 親愛なる魂の旅人たち

山火事が発端で大変なことになっているハワイ。
マウイ島は私もカヌーの合宿&レースで訪れた想い出の場所です。たくさんの命をはじめ失われたものはとても大きく悲しい気持ちです。マウイ島で出逢った人達は無事なのだろうか?
今はただ祈るばかりですが、日本円で義援金が送れるよう準備も進めているようなので、私も1日も早い復興のため支援をしようと考えています。

「ハワイ州観光局」⇒ https://www.allhawaii.jp/htjnews/5743/


そんな中、ハワイが気になりつつもお盆に先駆けて夏休みをとってきました。
ほんとは、伊豆七島の御蔵島へドルフィンスイムに出かける予定でしたが台風予報で東海汽船が欠航するだろうとの島の方の予想を受け、素早く事前に予定を変更して岡山・津山にあるサムハラ神社の奥宮・元宮から愛媛・大三島にある大山祇神社と廃墟のようになってしまった阿奈波神社。松山ではフォレストアドベンチャーに行って、下灘駅を訪れ、内子町を散策、宇和島で鯛めしを食べたり、和霊神社に行ったり、船でしか行けない由良神社とその界隈の海でシュノーケリング、四万十川の源流・滑床渓谷でキャニオニング・・・と、子供のころの夏休みのようなアクティブでかなり充実した時間を過ごしてきました。最後には虹も出て、地球で生きる醍醐味をたくさん味わう旅でした。一緒に行って、ずっと車を運転してくれたパワフルなN子姉さんに大感謝です。

では、この新月の期間のマナカードからのメッセージを観ていきましょう。

MANO(マノー)・サメ/リーダーシップ

出てきてくれたのは「マノー」=「サメ」のカードです。テーマはリーダーシップ。
このカードはマナカードで5枚ある上下カードのうちの1枚になるのですが、赤が上というパターンで出てきているので「恐れずにリーダーシップをとりなさい!」と言う意味になります。

そういえば、宇和島のシュノーケリングの帰りに鮫が住処にしている場所があるということで、ガイドさんが船で鮫を観に連れていってくれました。あれもここに繋がる何かのアクションだったのかもしれませんね。一瞬だけ姿を見せてくれた鮫は優雅に尾ひれを動かして、太陽の光をうけ美しく輝いて見えました。

このカードの中でも、鮫は誰にも邪魔されずに悠々と泳いでいます。自分を動かすものも、自分を邪魔するものもすべては自分。自分のリーダーは自分だけです。自分にウソをつかず、誠実に勇気と情熱をもって進むべき時がやってきたようです。失敗や間違えることを恐れてはいけません。失敗や間違えを認める勇気があれば、それは成功への種へと変化します。あなたは導かれ、守られています。あなたの才能と技術を活かして動き出す時、それが今のようです。

鮫はハワイのアウマクア(祖先の神様)の中では、最も強い神様です。古代ハワイアンは、自分たちのアウマクアが鮫になるよう遺体を鮫に捧げる儀式を行っていました。それだけ強い守り神である鮫があなたを応援している、この新月の期間です。今まで自分がやりたかったこと、勇気が出せなかったことに少しでも着手出来たらよいですよね。きっと、抑えられない衝動のようなものが湧きあがって動き出す人も居るのかもしれません。Good Luck!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この新月の期間もあなたの笑顔がキラキラと輝きますようにお祈りしています。

The gecko sings inside my home, blessing it.
ヤモリが祝福の歌唄う家のなか。
(日々是布哇-アロハ・スピリットを伝える言葉より・8月16日の言葉)

MAHALO☆白龍